早春のガーデン:Benington Lordship Gardens

0

Uk☆エコ・ガーデニング格闘記


3月に入り青空が見られる日が増えてきましたね!冬の間はクローズしていた各地のガーデンも徐々に一般公開され、イースターの頃には多くのところがオープンすることと思います。イースター・ホリデー中にガーデン巡りに出かけるご家庭も多いのではないでしょうか?少し前の話になりますが、早春の花が咲き誇ることで有名なBenington Lordship Gardensに行ってみました。到着してすぐ目に入るのが1838年に建てられたゲートハウスとその周辺を覆い隠すように広がる白い小さな花を咲かせるスノードロップ。

20160214_AB5立派なマナーハウスは公開されていませんでした

7エーカーの敷地内にはマナーハウス、ガーデン、2つの池があり、周囲をパークランドに囲まれています。所々でスノードロップの見事な群生を見ることができます。キバナセツブンソウがスノードロップと一緒に咲いてるところもありました。城壁内のスノードロップは20世紀初頭に植えられたものだそうです。こちらは常時一般公開されているわけではありませんが、年に何度かイベントなどで公開されています。

20160214_AB1家族連れがたくさんいらしてました

毎年スノードロップが開花する時期には、お庭の一般公開とともに、スノードロップコンサート、スノードロップ販売(私が行った日には4種類ほど販売されていました)などのイベントが行われます。こちらではラベルのついているスノードロップが200種類以上あるそうで、中には珍しい黄色のスノードロップや緑のマークが変わったものなどがあります。ぱっと見どれも同じように見えるスノードロップですが、比べてみると違いがわかって面白いです。

20160214_AB3
マークの違いわかりますか?

スノードロップに続いて、シラー、ヒヤシンス、アイリス、ムスカリの他クロッカスやヘレボラスなどの開花も始まっていました。お花が咲いてるエリアは比較的小さいのですが、それでも十分春の訪れを楽しむことができました。春が深まるにつれて水仙やフリチラリア、シュラブや木々のお花も開花し、シラーのブルーカーペットが見れるそうです。

20160214_AB2春の球根がたくさん植えられているようです

クリスマスローズ(ヘレボラス)は真っ盛り、水仙は開花が始まったところのようでした。次の一般公開はイースターホリデー期間の2日間だそうです。ローズガーデやダブル・ハーベイシャス・ボーダー、ウォールド・キッチン・ガーデンなどもありました。夏にはチリ(唐辛子)・フェスティバルが行われ、各種イベントや唐辛子の販売などが行われるそうです。早春以外の季節も訪れてみたいお庭でした。ご興味のある方は公式サイトのギャラリーに公開されている写真で四季のお庭の様子を確認してみてくださいね。

20160214_AB4今はスノードロップが終わって水仙の時期に突入してる頃かな?

ガーデン名 Benington Lordship Gardens
住所 Benington Lordship, Stevenage, Hertfordshire SG2 7BS
電話番号 (08701)261709
営業時間 年に数回一般公開されます。下記公式サイトで詳細をご確認ください。
URL http://www.beningtonlordship.co.uk/

★情報は2016年3月時点のものです。事前に必ず公式サイトで詳細を確認してからお出かけ下さい。

Share.

About Author

ちょしっち

在英13年目に突入、ロンドン郊外の自宅の庭で節約とリサイクル・無農薬をテーマに土いじりに奮闘、花や木、ハーブ、野菜や果樹などいろいろ挑戦中。ロビンなどの小鳥に癒されつつも、庭を荒らす狐やリスに頭を悩ます日々。フラワーショーやガーデン巡り、ガーデンセンターでの底値チェックに余念がない、植物オタク。庭と旅とお笑いをこよなく愛し中年生活を満喫中。ブログ「イギリスの片隅で庭仕事」http://gardenuk.blog.fc2.com/もよろしくお願いします!

コメントを残す