第5話 ミニマリストはモノの数ではない?!

2

minimalist


Chapter1.5

ミニマリストはモノの数ではない?!

閑話休題。
第1話2話で「ミニマリズムとはいったい何ぞや?」ということを、かなりざっくりと説明してみましたが、まだまだ分かりにくいかもしれません。この単語から連想されるものはその人にとって様々のようです。

元の意味であるデザインやインテリア、ファッション、建築、音楽などのスタイルを指している場合もあれば、シンプルさをきわめたライフスタイルのことを指すこともあります。単にモノをあまり持たないこと、または片付けや節約ライフのことをミニマリズムと呼んでいる場合もあります。

なので私がここで紹介していきたいミニマリズムについてもう少し説明させてくださいね。

わたし自身はミニマリズム=エッセンシャリズムと考えています。

物質だけにこだわらずその人にとって余計なモノを取り除く=人生に大切なモノが際立ってくる。そしてその人の人生のエッセンス(本質)がはっきりと見えてくるということです。

その人によって程度はありますが、身のまわりにあるモノを物理的に、そして気持ち的に手放していくことでその人の真の人生が始動するんじゃないかと、大げさかもしれませんが感じています。

一部のお金持ちの趣味でもないし、味気ない貧乏暮らしのことでもない。

ただ、余計なモノを省いたり、取捨選択する作業ってかなり疲れるものです。引っ越しを考えてもそうですがひと仕事ですよね。

そして多くのヒトがモノ(=周りの環境)に対して思ったよりいろんな意味を与えているので、手放すのをためらわれる場合も多い。「高かったから」「もったいないから」「また使うかもしれないから」「将来使うつもりだから」「思い出があるから」「家族から受け継いだから」「お金がいいから」「長いおつきあいだから」「義理があるから」…きっと心当たりがあるのでは。

そうかといって「何もかも捨てて仙人のように生きろ」 的なライフスタイルでもないのです。まず現実的でないし、そんなのつまらなそう。

自分がやっていいこと、いけないことを厳しく制限して目くじらたてる必要も、他人の持ち物の数にイライラする必要もありません。

だって、そんなのつまらないです。

たとえば自分や家族の靴下の数に目を光らせながら生活するなんて、自分から檻に入ってその番人になるような、馬鹿げた行為ではありませんか?

人生には靴下の数を数えるよりもっと大切なことがあるはずですもんねー。

そう、ミニマリズムはモノを越えたところにあるんです。

_dsc9688

写真はロンドンのお隣ケント、ウィツタブルの海岸の日没後。太陽が沈んでからの30分ぐらいの光が一番きれいといつも思います。 皆さま素敵な2017をお迎えください!

Share.

About Author

ネモ・ロバーツ

ポートレート写真家&ライター。日本で広告制作と撮影の仕事に関わったのちロンドンへ。在英邦人向け週刊誌での仕事を経てフリーランスに。ミニマリズム研究家。グルメやオーガニック食などに関するトピックにも目がなく、作家ケリ・バックマスターとともに、都会における野草採集と英国の多国籍ベジ・カルチャーについて紹介するユニークなレシピ本『Street Food −Urban Foraging and World Food』を出版(撮影)。 不定期ブログ:nemoroberts.wordpress.com

2件のコメント

  1. ネモ・ロバーツ

    必要と世間で言われているもの、必要かもしれないものを追いかけて迷走してしまう私たち。
    ミニマリズム思考は自分に真に必要なものを見つける助けになるのかも♪

  2. 江國 まゆ

    とっても考えさせられるメッセージ・・・!! 本当に、自分に必要なものだけが周りにあればいいんですもんね。素晴らしいメッセージをありがとうございます!

コメントを残す