グラストンベリーのミラクル

0

midori


はじめまして! 絵本作家の秋田 緑と申します。
この度、ご縁に導かれてこちらのページを担当させて頂くことになりました♪

新しい絵本の題材を探しに行ったイギリスで、出会えた心動かされる場所や人、
モノ…かえがえのない日々を綴っていけたらと思っています。

インスピレーションのまま受け取ったキーワードを私なりの言葉に変えて、
シンプルなイラストとメッセージを込めた言霊を1枚のハガキにしたためた
「言の葉カード」と共に、皆さんにシェアできたら嬉しいな♪^^

まずは、今年の夏に初めて訪れた念願の場所「グラストンベリー」での経験についてお届けします。

これまで体験したパワスポの中で、伊勢神宮以来のハートのどよめき!!(笑)
何人の友達に紹介したか分からないほど、私の心に残りました。
慈しみと強い愛を感じた場所として、今もなお印象深い場所です。

では、どうぞ〜♪

******

町に入った瞬間、“変性意識”に切り替わり、自分でも知らなかった情報が次々とダウンロードされ、初対面の方々の過去をお伝えしてしまうという不思議な経験をした場所。

これまでにもそういうコトは時々ありましたが、こんなにハッキリと映像とメッセージが浮かんだのはこのグラストンベリーだけ。と同時に、その時間と空間がそこだけ異質で、全く地球とは違う場所に居るような、新しい感覚でした。

目の前にいる人の奥にある愛だけを手繰り、それをご本人に「ほらね!これだよ」とお見せするような、それをすることがまるで喜びかのような・・・面白い空間に身を置きました。

チャリスウェル(聖杯の泉)で

イギリスでもっとも古い聖なる井戸の一つ、チャリスウェル(聖杯の泉)でのこと。

チャリスウェルの起源は先史時代にまで遡り、これまで一度も枯れたことがないとのことで、無限の生命力の源、永遠なるものの象徴として崇拝されてきたそうです。伝説によれば、キリストの血を受けた聖杯(チャリス)をこの場所に埋めたところ、そこから泉が沸き上がったとのこと。ジョン・レノンがここを訪れた時に「イマジン」が降りて来たというお話もありますが、それも納得!のヒーリング・スポットでした。

この泉のそばに座っているだけで、「愛」というものが自分の中から溢れてやまないような、そんな気持ちに…(T~T)

「愛」がなんたるかもよくわからないのに、それでもそういう感覚がやって来て、普段より風の音がハッキリと聞こえ、木漏れ日の光の粒の濃さや、小鳥が水浴びをする雫の跳ねる可愛らしさ、五感がすべて深く濃くなったような気持ちとともに、得たいの知れない「愛」についても、なんだか分からないけれど、私の中で色を増して、溢れてやまない気持ちになりました。

ここでも明確なメッセージをもらったのだけど、これはまた改めて・・・

th_kotonoha29

トーに登った時

ものすっごく大きなミカエルが、そのまま居る気がして、なんだか嬉しくて子供のように走って行きたかったのですが、体力不足のため列の一番後ろからゼエハア言いながら到着しました。

トーの中にはヒッピーのような方がお香を焚いて不思議な音楽を奏でていて、「これは呪文のような歌なんだよ」と教えてくれましたが、すべて英語のため理解できず。心をほどいてハートで感じよう!としたけど、それは全く理解できませんでした。(-_-)

それ以上に、ミカエルから降り注がれるようなメッセージの声の方が大きくて(笑)そっちに集中したくなったからかな?

その時にキャッチしたのは、次のようなことでした。

******

優しさの中の強さと、弱さの中のたおやかさ、涙の奥の愛と、光の中の闇を見落とさないように。
悪の中の崇高な光と、善のように見えるそうでないもの、それらを見誤らないこと。
男性性を持つことは、パワーを得て野蛮になることでも感情的でないことでもなく、
女性性を持つことが、優しさとはかなさ、感受性の豊かさと無力さを表わすことでなく
そのどちらも素晴らしく、そのどちらも必要なもの。

男性性と女性性の統合に抵抗しないこと。

******

などなど、でしたが…あ~~、もう忘れちゃったな(泣)(p_;)思い出したらまた書きます。

そうそう余談ですがこの日、ご一緒した当サイト編集長のまゆさんに「まゆさんは、なんだか前世も女性の戦士をやってたような気がしますね! なぜか分からないけど男性じゃなくて^^」って伝えたら、次の朝に彼女が引いたカードも「女性戦士」だったとか。^^

グラストンベリーは、人々を魅了してやみませんが、人々の元々持っていた潜在能力を再度思い出させるような地でもあるのかな?とも思いました。

th_kotonoha_2000

Share.

About Author

秋田 緑

絵本作家・プランニングデザインオフィス「greent (グリーンティ。)」主宰。愛媛県出身。デザイン会社・出版社勤務等を経て24歳でプランニングデザインオフィス「greenti(グリーンティ。)」を設立。テレビ・CMの企画、デザイン、イラスト等を手がける傍ら、メッセージとイラストを1枚のハガキに描いた「言の葉カード~良いコトノハじまりになりますように~」を制作。そのやわらかなタッチのイラストと心に響くメッセージが人気を博し、テレビやCM キャラクターにも多数起用。著作絵本「幸せの種まき」、「幸せの種まき2~奇跡の軌跡~」「ユニコーンと魔法の愛の種」「きみだけの地図~『ブルー』から『パワーブルー』へ~」その他、講演やイベント出演等幅広く活躍中。

コメントを残す