【Hyper Japan】玖保キリコさんのサイン会に密着

0

th_Hyper_banner


7月10日から12日までグリニッジのO2で開催された夏のハイパー・ジャパン

周囲にユニークな形の建物がいろいろできててびっくりしたO2

周囲にユニークな形の建物がいろいろできててびっくりしたO2

気持ちよい快晴の下、うららかな気持ちで会場へ向かって歩いていると・・・遠くから私の名を呼ぶ声が。

きょろきょろと見回すと・・・

あ、玖保キリコさんだ! ヾ(*ΦωΦ)ノ

今年のハイパー・ジャパンではキリコさんの初期の代表作『シニカル・ヒステリー・アワー』の英語電子版の発売を記念し、サイン会があったのだ♪

搬入を前日に済ませて余裕のキリコ氏w  やっぱり今日はホットより冷コーねっ ^^

搬入を前日に済ませて余裕のキリコ氏w やっぱり今日はホットより冷コーねっ ^^

巨大な会場。ちょっと入り口がわかりづらかった

巨大な会場。ちょっと入り口がわかりづらかった

会場となったのはテント下の戸外、任天堂ワールドが展開されていた屋内スペース、そしてHyper Galleryと名付けられたライブ会場の3ヵ所。キリコさんのサイン会は日本人クリエーターたちをPRするエージェンシー、クリーク・アンド・リバー社さんが主催し、屋内会場で行われた。

そう、そうなのだ。キリコ・ワールドがついに英語に!!

Cynical Hysterie Hour

Cynical Hysterie Hour

シニカル世代、いまどきのこども世代としては感無量・・キリコさんのギャグはもともとユニバーサルだし、あのシュールさは非日本人にもスムーズに受け入れられるに違いないと確信する。

展示ブース内でイラストを描きあげていくキリコさん☆ こうやって描くのね〜と、思わず見入ってしまった。

th_Hyper3

ツン太、出来!

描いている手元の様子がライブ中継! ツン太、出来!

ライブで書きあげられたツネコとツン太のイラストは、ラッキーな来場者が特別価格で手にするのである♪

こちらはツネコ。サインする予定のポストカードを持ってペコちゃん状態のキリコ氏

こちらはツネコ。サインする予定のポストカードを持ってペコちゃん状態のキリコ氏

いよいよサイン会の開始! 始まると同時にあっという間に行列が!

th_Hyper9

ファンとの交流も楽しそう♪

ファンとの交流も楽しそう♪

お一人お一人、丁寧にお名前を聞いて、ツネコのイラストを入れてポストカードにサインするキリコさん。彼女を支えるアシスタントのIさんも日本からお手伝いに来られ、イギリスでの人気ぶりをチェック ^^

th_Hyper11

ファンの皆さんとの交流が行われるなか、あれよあれよと大好評のうちにサイン会は終了。日本だとこんな機会はなかなかないと思うので、イラスト入りサインをもらえた方はラッキー!  シニカルの英語版は日本の学校カルチャーw というか日本の子どものシュールな日常を知ってもらうよき材料かも ^^   キリコ作品のシンプルなラインはヨーロッパ人好み。日本のマンガ文化に興味のある人にプレゼントしてみるととっても喜ばれそう☆

さて、サイン会の合間、何気に同展示ブース内を見回すと、こ、こんなところにサイコガンが無造作に置かれているっ!?

こ、こんなところにサイコガンがっ

こ、こんなところにサイコガンがっ

おもわず左手に装着し記念写真を撮ってもらったことは言うまでもないw

なぜここにサイコガンがあるのか。それはクリーク・アンド・リバー社の海外向け契約アーティストの中に、コブラの寺沢武一氏もいらっしゃるからなのだ。コブラ・ファンとしてはぜひともどんどんプロモートしていただきたいなと思う。コブラのハリウッド版は制作は決まっているらしいのだが、その後音沙汰ないのでスタッフの方に聞いてみると、やっぱりコブラ役を探すのが難航しているらしい。個人的には10年くらい前のブラピがいちばんぴったりくるんじゃないかと思っているが、今はちょっと歳とっちゃってるしね。サイモン・ベイカーも歳いっちゃったしね。誰かいないもんかね。

クリーク・アンド・リバー社が手がけるそうそうたるアーティストの皆さん

クリーク・アンド・リバー社が手がけるそうそうたるアーティストの皆さん

漫画家さんだけでなく、小説家さんもプロモート! あの京極先生がこんな妖怪リトグラフを作っていらっしゃるとは知らなかった〜

th_Hyper8

いつもの風景・・・気合い入ってる! うちは一族の方もいますw

いつもの風景・・・気合い入ってる! うちは一族の方もいますw

O2開催のハイパー・ジャパンに来たのは初めてだったけど、土曜日は2部入れ替え制で30分〜1時間ほどお客さんのいないブランク時間があったのは出展者にしてみれば大きなロスだったんじゃないかな。まぁ、イベントそのものはいつも通り、みなさん楽しまれていたようだし日本のサブカル・コンテンツを発信する試みとして今後もますますの発展をお祈りしたいイベントなのである。

Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す