「イギリスおかし百科」真理子先生のレシピ本出ます!

5

th_mariko yasuda_banner


今日はとっても嬉しいお知らせです♡

th_91hC9vyiwoL

2月10日発売です!

あぶそる〜とロンドンで大好評連載中の「イギリスおかし百科」を執筆くださっているMAROKO YASUDAさんこと、安田真理子さんのレシピ本が、ソーテック社さんより2月10日に出版されます!

『BRITISH HOME BAKING おうちでつくるイギリス菓子』
ご予約はこちら

ついにこの日が来たかと、感無量です・・・。というか、なぜいままで出なかったんだろうと、そっちのほうが不思議ですが ^^;

真理子さんがコッツウォルズでお菓子教室をされていたときに、彼女のブログ「Galettes and Biscuits」を見つけたことが、出会いのきっかけでした。私はそのブログが放っていた輝きにあらがうことができず・・・ ふらふらと教室に申し込んだのです。

そして、真理子さんのことを知れば知るほど、「とにかく大好き」というお菓子に対するピュアな愛情、お菓子の成り立ちに対する探究心、そこからもたらされる豊富な知識と先達への敬意、よいものを現代の方法にアレンジしながら後世に伝えたいという情熱などが伝わってきて・・・尊敬の思いが自然に湧き上がってくるのはもちろん、とてもとても、幸せな気持ちにさせてもらえるのです ^^

th_91N32c4BugLそれだけではありません。道具やプレゼンテーションへのこだわりもあります。イギリス在住時代のみならず、その後も頻繁にヨーロッパを訪れ、たくさんのアンティークやヴィンテージ、ローカルの人びとが使う昔ながらの道具類を収集されているだけでなく、それらを使った玄人はだしのテーブル・コーディネート力と写真技術によって、今回のレシピ本は全て著者本人によるコーディネートと写真撮影で作られています。お菓子の先生がコーディネートも写真もぜんぶ担当しちゃうなんて、こんなレシピ本、ほとんどないと思います。お菓子への情熱とたっぷりの愛情、たぐい稀な才能とセンスに恵まれた、マルチなスーパー・パティシエ、そんな真理子さんなのです ^^

ちなみに、真理子さんを長くご存知の皆さんは知っているとは思いますが、素朴なイギリス菓子を長く作っていらっしゃるからといって、それが唯一の専門というわけではありません。(イギリス菓子と違って ^^;  )繊細な技術が要求されるフランス菓子は言わずもがな、精巧で美しいシュガークラフト作品なんかも当たり前のように作ってしまわれる高度な技術をも備えておられる方です。

そんな真理子さん、唯一の欠点だと私が思っているのは・・・もちろん、よいところでもあるのでしょうけど、謙虚すぎること・・・(笑)!! ご自身の素晴らしさ、分かってるようで分かってない・・・!? なので、私がここで声を大にして言わせていただきます!!

th_91c1helwj0L安田真理子さんは、比類のない情熱と技術を兼ね備えた西洋菓子作りの先生であり、イギリス菓子研究家であり、そんじょそこらのプロも顔負けの素敵なテーブル・コーディネートのセンスで素朴なお菓子に驚くばかりの生彩を与えることができる魔法使いであり、優れた技術を備えたカメラマンであると。(もっと才能あると思うんですが、ここで強調したいのはこれだけw

Galettes and Biscuits 安田真理子さんの初めてのレシピ本
『BRITISH HOME BAKING おうちでつくるイギリス菓子』
2月10日発売です。

ご予約はこちら♡

次の本が今から楽しみです!!

* * * * * * * * * *

あぶそる〜とロンドンではFacebookやTwitterでもぼちぼち情報を発信しております。
よろしかったらLIKE / フォローしてくださいね ^^
Facebookはこちら:https://www.facebook.com/absltldn/
Twitterはこちら:https://twitter.com/absltldn @absltldn

Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

5件のコメント

  1. 江國 まゆ

    キャロット・ケーキどころかヴィクトリア・スポンジもコーヒー&ウォルナッツも作ったことないですw 

    そういえば、昨日はキャビネット・プディングへのアクセスが急上昇していて・・・テレビかなにかで紹介されたのかなって思ってます ^^ 発売、いよいよ明日ですね!♡

  2. yasuda mariko

    あれ?まゆさん一緒にキャロットケーキ作ったことなかったんでしたっけ?
    YUKIさん お褒めにあずかり光栄です(^^;)
    お2人とも、本はあまり期待せず見てやってください。
    あ、でもレシピは王道かつ、おススメのものばかりですから、結構使えるはずです^^

  3. ブログGalettes and Biscuits、いつも楽しんで拝見させて頂いている者です。
    私も同感です。溢れるほどあるお菓子や料理ブログの中でもハイセンスな構成、写真、そしてどれも美味しそうなお菓子たちが並んだテーブルコーディネートは、群を抜いています。とっても素敵です。近くだったらお菓子教室に通いたいです。

  4. 江國 まゆ

    え、本当のことしか書いてない(笑)
    私もやっと、真理子さんのレシピでキャロット・ケーキを作れるかと思うと、
    感無量です・・・・すっごい楽しみです!!♡

  5. yasuda mariko

    あのですね、まゆさん褒め過ぎです、、何も出ませんよ(笑)
    ハードル上げまくりですから(^^;)
    ただ、これまで興味なかった人にも 「なんだイギリスのお菓子も案外美味しそうじゃない♪ ちょっと作ってみようかな」 なんて思ってもらえれば嬉しいな~とそんな本です。

コメントを残す