【ロイヤルな英国】ある貴婦人の肖像:ドゥーンサイド・ハウス

0

th_Douneside House_banner


皆さん、夏を楽しんでますか? ロンドンは毎日がピーカン。記録的な晴天続きで人びとは嬉々として外へ飛び出し日光浴を満喫していますが、個人的にはちょっぴり曇り空が恋しくなる頃ではあります ^^;   でもでも、イギリスのこの輝かしい季節は、日本の桜の時期と同じでいっときのことであるだけに、何ものにも代えがたい魅力があるのです。

イギリスの夏。そしてスコットランドの夏は、また格別に美しいです! 今日は、「ロイヤル・ブリテン」をテーマにまわった英国政府観光庁さん主催のプレス・ツアーで訪れた場所から、とっておきのカントリーハウス・ホテルをご紹介。ロケーションはなんと、エリザベス女王が好んで夏の避暑地として滞在されるスコットランドはアバディーンシャーのバルモラル城近くです。お城まで車で約30分程度の距離。バルモラル城は、今年は7月末まで敷地が一般公開されているので8月になると女王陛下が来られるのかもしれません ^^

さて、その「Royal Deeside」とも呼ばれる緑濃い美しいエリアに佇んでいるカントリーハウスは、Douneside House / ドゥーンサイド・ハウス。現在は全14室のブティック・ホテルとして、その歴史と伝統を残したまま華麗に蘇っています。

豊かな自然を満喫するぜいたく♡

豊かな自然を満喫するぜいたく♡

ここは敷地が広大! 約2万坪の敷地内には野趣を楽しめるガーデンがあり、朝晩に散策すると本当に心の底からリフレッシュできます♡

カントリーハウスに滞在する最大の喜びの一つは、周辺散策です!!

カントリーハウスに滞在する最大の喜びの一つは、周辺散策です!!

自然なのなかのガーデンという至福♪

自然の中のガーデンという至福♪

では、メインの建物の中に入って見ましょう・・・。

お城のような威圧感のない、カントリーハウス仕様です。

お城のような威圧感のない、カントリーハウス仕様です。

バートが併設されたラウンジ

バートが併設されたラウンジ

ドゥーンサイド・ハウスは1888年にサー・アレクサンダー・マクロバートが別荘として購入した館です。このアレクサンダーさん、地元アバディーンの農家から夜間学校で勉強をして身を興した事業家で、インドでテキスタイル事業を始めて大富豪になり、ついにナイトの称号を得ました。1922年に準男爵を授かるまでの間も、インドとの交易だけでなく、がんでなくなった最初の奥様への想いからがん研究に多額投資するなど、社会事業にも貢献した名士なのです。

さて、彼の2番目の奥方がレイチェルさん。彼女との間に3人の男の子に恵まれたのですが・・・一家を悲劇が襲います・・・。

レイチェル・マクロバート

左はレイチェル・マクロバートさんの肖像。右はエントランスからホールを見上げるの図。

長男のアリステアさんが飛行機事故で亡くなったのを最初に、次男のロデリックさん、三男のイアンさんも、ともに第二次大戦前、英国空軍での演習時の事故で立て続けに亡くなってしまうのです。20代の3人の息子に、時を経ずして先立たれてしまったら・・・考えるだけで胸がずしりと痛みますが、レイチェルさんは気丈にも事故後すぐに英国空軍に小切手を送って爆撃機を購入するよう促し、さらにマクロバート・トラストを設立して引き続き英空軍をマクロバートの名の下にサポートすることを表明するのです。

いちばん広い部屋の一つ。眺めを想像してみてください ^^

いちばん広い部屋の一つ。眺めを想像してみてください ^^

アメニティはモルトン・ブラウン。

アメニティはモルトン・ブラウン。

母親の行動として賞賛されるかどうかは賛否分かれるところだとは思いますが、肝っ玉母さんというよりも社会活動家としての顔が強いようです。彼女のフルネームはレイチェル・ワークマン・マクロバート。実は地理学者としても活動家としても事業家としても名高い方なんです! 米マサチューセッツの名家に生まれ、ドイツやスウェーデン、イギリスで教育を受けてアレクサンダーさんと知り合います。息子をたちがまだ小さい時に夫に先立たれた後は、自身が会社の取締役として残るんですよね。そして実母の影響で婦人参政権運動にも大きく関わっていた。当時としては、かなり先進的な思想の持ち主だったようです。そんなレイチェルさんが、家族の思い出にと、そのままの形で残して欲しいと願ったのが、このドゥーンサイド・ハウスなのです。

こちらが私が泊まったお部屋。こじんまりと快適だったのですが、シャワーしかないので、バスタブ派の方は予約時にぜひバスタブ付きの部屋を選んでください!

こちらが私が泊まったお部屋。こじんまりと快適だったのですが、シャワーしかないので、バスタブ派の方は予約時にぜひバスタブ付きの部屋を選んでください!

右は玄関ホールにかけてあるマクロばート家の3人の息子たち。右下は部屋に付いているアメニティ。お茶は茶葉が用意されていて、3種類もある!

右は玄関ホールにかけてあるマクロバート家の3人の息子たち。右下は部屋に付いているアメニティ。お茶は茶葉で、3種類もある!

この館に滞在する愉しみは、豊かな自然や彫りの深い歴史だけではありません。お料理も一流の味を楽しめます! せっかくホリデーで滞在されるなら、一食はぜひ6コースのテイスティング・メニューをお試しくださいね♪

誰かの家みたいなラウンジ ^^  右は6コースのテイスティング・メニューのカナッペ。

誰かの家みたいなラウンジ ^^   右は6コースのテイスティング・メニューのカナッペ。

まずはジン&トニックで乾杯♡

まずはジン&トニックで乾杯♡

私たちの滞在中は、居間でリラックスしている間にマネージャーさんが館の歴史を説明してくださり、3種のカナッペとジン&トニックをいただきました。そしてダイニングへと移動し、美しくも美味しい、丁寧に作っていただいたコース料理を堪能しました!

新鮮な素材を使ったお料理、どれも美味しかったです!

新鮮な素材を使ったお料理、どれも美味しかったです!

目をみはるようなシェフのスキル! いや、ほんと美味しかったです ^^

美しいプレゼンテーションは大きな特長です。 味のバランスもよし!

デザートもすごく美味しかった・・・チョウチョが可愛いでしょう? マンゴー・ムース、旨い!

デザートもすごく美味しかった・・・チョウチョが可愛いでしょう? マンゴー・ムース、旨い!

ここのお料理の特長は、ともかく繊細で手が込んでいて、彩りも盛りつけも美しいこと。もちろん味も一級でミシュランの星付きレベルです。敷地内にある菜園で採れたとびきり新鮮な野菜たち、王室御用達の称号を持つ肉屋さんから仕入れたアバディーン育ちの高級肉、毎朝近隣の海辺から水揚げされる魚介類を使った洗練されたお料理に、きっと身も心もほだされることでしょう♪

敷地内にはコテージもいくつかあるので、家族や犬連れの方が長めに滞在されるのに最適。スコットランドの清々しい空気を胸いっぱい吸い込んでリフレッシュしてくださいね。

ある朝の眺め・・・

ある朝の眺め・・・

また来たいな〜♡

また来たいな〜♡

個人的にはレイチェルさんの人生に釘付け・・・この時代の女性としては波乱万丈と言えるのかもしれないですね。バルモラル城へ行ったり、スコットランドでゴルフ休暇をとるとき、ウイスキー・トレイル、ハイランドをめぐる旅にでる時の拠点としておすすめです。

Douneside House
住所:Tarland, Aboyne, Aberdeenshire AB34 4UL
電話:+44 (0) 13398 81230
ウェブサイトwww.dounesidehouse.co.uk
ツイッター@Douneside
行き方:ロンドンの空港からアバディーン空港まで1時間30分、空港から車で50分。
エジンバラからアバディーンまでは車で2 時間半程度です。

英国政府観光庁
www.visitbritain.com/jp

Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す