真夜中の録音スタジオ

2

本日も「あぶそる〜とロンドン」におこしやす〜。

9月3日から毎日更新されてます♪ お楽しみいただいておりますでしょうか。

最近のエントリーを見てみると・・・イギリスおかし百科で、私も大好きなヴィクトリア・サンドイッチが登場してますね! ワイト島に行ったときにヴィクトリア女王&アルバート公ゆかりの館というのを見ましたが、あそこがかのヴィクトリア・サンドイッチ誕生の地であったとは! イギリス菓子まめ知識・・・勉強になります ^^

UK NEWS HOOPLAのトピックは「レストランで文句をいうときの10の心得」。自分自身のことを振り返りつつ、とても興味深く読みました。

心得の中にもありますが、料理そのものに対するクレームというのは難しいなって感じますね〜。火が通ってないとか、素材がヘンな匂いがするとか以外は、味がしなかろうが塩辛過ぎだろうが、自分の「口に合わない」だけ。それが店の味だとしたらクレームのつけようがない。もうその店には二度と行かないだけです。もちろん、ブログに何か書いちゃうかもしれないけどw その場合も「こういう理由で口に合わない」って書くしかないなといつも思うのです。好みは人それぞれですものね ^^

**************

さて、日曜日は朝から夕方までずっと仕事、夜も仕事の予定だったのですが、友人のニックから「Shoheiのフェアウェル・ドリンクがあるから来ない?」とテキストがきたので、ちょっと倦んできていた頭を一休めするため8時くらいから数時間のつもりで出かけていきました。

ニックはベーシスト兼プロデューサー。マット・ビアンコのベーシストとして最近は年に一回は日本を訪れていて、その機会を利用して日本のミュージシャンと仕事をしたり、日本から来たミュージシャンとロンドンのスタジオで仕事したりしています。

Shoheiというのは、M-Swiftという名前で活動している国境を超えたジーニアス!音楽プロデューサー/DJの松下昇平さんのこと。ここ一ヵ月ほどロンドンでレコーディングをしていて、昨日はその最終日。以前お会いしたときに9月初めでロンドンを去るお話は聞いていたので、最後にお会いできてよかった!

イズリントンのパブで盛り上がったあと、まだ関係者がレコーディングしているという彼らのスタジオに移動。あれ? 深夜営業スーパーでお酒やスナックを調達して、飲み直しですか?w

久しぶりに夜歩くのがコワイかもと感じた通り

久しぶりに夜歩くのがコワイかもと感じた通り

超A級アイドル・グループやミュージシャンもお忍びでレコーディングするという当スタジオはカレドニアン・ロード近く、音が外に漏れてもいい倉庫街の絶好のロケーションだけど、夜一人では歩けない人気のなさ :0 でも、同じ通りに警察署があって一安心か?w

松下昇平さんとNick Cohen

松下昇平さんとNick Cohen

この大きなスタジオ施設の中の一角に、幅広く活躍しているニックの友人、ドラマー兼プロデューサーのAndy Gangadeenが主催する101 Artistsのスペースがあります。昇平さんもここに缶詰でレコーディングされてたようです。びっくりしたのが、ほとんど滞在先とスタジオの往復で、レストランらしいところで食事したのは1回だけ(私が主催したこの会に来られたときだけ!)。次回はぜひ、美味しいところへご案内します♪(でも、ロンドンの庶民の食堂はいろいろ試して楽しかったって ^^)

ミュージシャンってみんな深夜族ですね〜

ミュージシャンってみんな深夜族ですね〜

上はアンディやニックと一緒に仕事をしている仲間たち。えっと、右上に写っている可愛らしいお嬢さんは日本でも人気が出始めているというClean Banditというバンドのチェロ奏者Grace Chattoさん。真ん中下のイケメン君は、売り出し中のロック・ボーカリストかと思いきや、サウンド・エンジニアなんですって!うひー。テクニシャンのティムさんとニックが何やらあやすぃ雰囲気ですが・・・ これはジョークw

オレンジの冷蔵庫がまぶしい

オレンジの冷蔵庫がまぶしい

肝心のアンディの写真撮るの忘れたw アンディがいちばん好きな色がオレンジとかで、オレンジの冷蔵庫が(笑)。この中には各種コールド・ドリンクがひとそろい入っているほか、たいていのスピリット類は常備、そしてワインをこよなく愛するアンディのワイン・コレクションも大したもの。さすがレコーディング・スタジオw

ロンドンに暮らしていると、ミュージシャンの層がとても厚くて質が高いことに気づかされます。昇平さんは、その大海ですいすいと仕事されてて、すごいなって思います。昇平さんを含め、あぶそる〜とロンドンにも、いずれいろいろな方のインタビュー記事を入れていきたいとおもってますので、乞うご期待♪

結局・・・数時間のつもりが深夜過ぎまでトークを楽しむことになってしまい、本日もたまった仕事にせっせと取り組んでおります・・・

 

Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

2件のコメント

  1. 江國 まゆ

    ヒロさぁぁぁぁん、コメントとお祝いのお言葉、ありがとうございます!! 😀
    「メグさん」とお仕事されてるんですね! 狭い世の中ですね〜 ^^
    祝福のお言葉、すごくうれしいです。ほんとうにありがとうございます。
    キラキラとした、マジカルなサイトにしたいと思っています。
    またお時間ある際に訪れてくださいね!!

  2. ヒロさん on

    マダムまゆ様
    新ウェブサイト+編集長ブログ、おめでとうございます!
    さきほど、いままでずっとある仕事をi一緒に続けてきた「メグさん」が、前ブログでも紹介されていた「メグさん」であることが判明し、感無量の状態です。マダムブログを久々に訪れるきっかけをいただきました。この新しいサイトに、キラキラとした魔法の光がサンサンと降り注ぎますように!喜びと幸せが満ちあふれますように!

コメントを残す