パーフェクトなローカル・コーヒーハウス

0

th_Maison DeTre_banner

Maison d’etre  メゾン・デトレ

2011年春にオープンしたキュートなコーヒーハウス。広告業界にいたお洒落なキムさんが独自の美的センスで切り盛りする界隈でもダントツ人気のお店は、平日でも昼からひっきりなしに常連さんが訪れています☆

ハイバリー・コーナーのオアシス☆

ハイバリー・コーナーのオアシス☆

ブレのないコーヒーの美味しさは常連のテイクアウェイ客の吸引源。左は奥のコンサーバトリー。ブランチ・メニューにあるソフトなゴート・チーズとマッシュルームのオープントーストはボリューム満点!  パン類はハックニーのE5ベーカリーなどから取り寄せています

ブレのないコーヒーの美味しさは常連のテイクアウェイ客の吸引源。左は奥のコンサーバトリー。
ブランチ・メニューにあるソフトなゴート・チーズとマッシュルームのオープントーストはボリューム満点! パン類はハックニーのE5ベーカリーなどから取り寄せています

オープン当初はケーキとコーヒーだけのシンプルなメニューでしたが、最近になってフレッシュな食材を使ったカラフルなブランチやランチを提供するようになり、ますます人気に拍車が。午後4時まで食べられるオールデー・ブレックファストにはリコッタ・チーズとバジルにレモンとイチジクを組み合わせた創作ブルスケッタ、季節のフルーツとグリーク・ヨーグルトにココナッツ・チア・プディングを添えた一品など、女性シェフのユニークなテイストが際立っています。食べ応えのあるブランチやランチも女性オーナーらしく野菜やフルーツを多用。パンや食材はロンドンのトップ・サプライヤーから仕入れたお墨付きです。

いちど試してみたい巨大スコーン!

いちど試してみたい巨大スコーン!

スクエア・マイルから仕入れているコーヒーは、一杯一杯コーヒーの量を計って煎れているため、美味しさにブレがありません。ほとんどのケーキ類は階下にある小さなキッチンで毎日ホームベイクされています。

お店の奥には、昔パティオだった空間を改装したコンサーバトリーがあり、ラップトップと睨めっこするご近所たちの小さなオフィス状態に。インテリアも食器もさりげないレトロ感がキムさんらしいメゾン・デ・トレ、ハイバリー・コーナー界隈に来られることがあればぜひ立ち寄ってみてください♪

ケーキ類もグルテン・フリーを多数用意

ケーキ類もグルテン・フリーを多数用意

154 Canonbury Road, London N1 2UP

店名Maison d’’Etre
最寄り駅Highbury & Islington
住所154 Canonbury Road, London N1 2UP
電話番号
営業時間月〜金 7:30 – 19:00 土・日 9:00 – 18:00
URLhttp://www.maisondetrecafe.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す