夢みる劇場デリ

0

th_Italo_banner

Italo Deli   イタロ・デリ

島田カオルさんのこの記事を見て、いつか絶対絶対行ってみよう! と思っていたデリに、先日ちょうどよい用事が周辺であったので訪れることができました。そこはカオルさんが描写している通りの秘密の園にありました ^^

th_Italo1

Vauxhall駅の裏手に出て、歩くこと2、3分。大通りの喧噪が嘘のような住宅街がこつ然と現れ、Bonnington Squareと呼ばれるスクエアが出現します。そのスクエア沿いにある小さなイタリアン・デリなのですが、この周辺、なんとも言えない不思議な雰囲気に包まれています。

この一画は第二次世界大戦時に爆弾を落とされたことで荒廃していたところ、政府が買い上げて整備しなおし生まれ変わったとのこと。またここは1980年代には空住居を乗っ取ってしまうスクオットが多数行われた場所でもあり、3分の一の住人は一銭も払うことなくそのまま所有権を獲得して住み続けているとのことです! そんな様々な歴史を秘めたエリアですが、ここの中心はBonnington Square Gardensと言われる秘密のガーデン♪ 住民にこよなく愛される美しいガーデンですが、その散歩ついでに気軽に立ち寄ることができるデリとして2008年にオープンしたのがItalo Deliです。

th_Italo2

共同オーナーは地元住人で小説家志望だったというチャーリー・ボクサーさんと、ランベスで長らくイタリアン・デリを経営していたイタリア人、ルイギ・ディ・リエトさん。二人のタッグで地元民のための素晴らしいデリが出来上がりました。こちらのテレグラフ紙の記事によるとチャーリーさんは漫画家で編集者だった父親とヴォーグ誌に料理コラムをずっと書いていた料理研究家の母親を持つそうで、親御さんのファンだというお客さんも後を絶たないとか。

ハムとチーズを挟んだイタリア風チキンカツが日替わり☆ 美味しかったです♪右の写真にちらと写っているのがチャーリーさん。帽子がトレードマーク

ハムとチーズを挟んだイタリア風チキンカツが日替わり☆ 美味しかったです♪
右の写真にちらと写っているのがチャーリーさん。帽子がトレードマーク

ある土曜日、ここでランチをいただきながら小一時間店内に座っていたのですが、まさにここはカオルさんが描いている通りのお店♪

この緑の園とその周辺と、ここに集まる人達は
どこか別の小さな世界に存在しているような感じ
この一角だけいつからか、時間が止まってしまったような感じ

お店の外観やデコレーション、出入りするお客さんの様子、チャーリーさんと客の会話の掛け合い、チャーリーさんのスタッフへの指示を出し方・・・どれもこれもが、まるで舞台を眺めているような具合なのです。地元住民の個性の強さもあなどれません。狭い店内には2、3のテーブルがあるだけなのですが、イートインの人、テイクアウェイの人、どんどん人が入って来てユニークな個性であふれかえっています。

おおぶりカップ入りカプチーノ☆

おおぶりカップ入りカプチーノ☆

パスタや肉料理など簡単な日替わりランチ、サンドイッチ、ペイストリー、ケーキなどを出すほか、野菜や果物を含めてロンドン中の美味しいものを扱うグローサリー・ショップでもあり、とにかく地元民に日常的に愛されている様子がひしひしと伝わってきました。このデリの空間をシェアするということは、ボニントン・スクエアの住人に混ざって舞台に上がるということ。機会あればぜひ、劇場デリをお楽しみください☆

th_Italo5

13 Bonnington Square, London SW8 1TE

店名Italo Deli
最寄り駅Vauxhall
住所13 Bonnington Square, London SW8 1TE
電話番号020 7450 3773
営業時間月〜金 9:30 - 19:45 土 10:00ー18:30 日 10:00 – 18:00
URLhttp://italodeli.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す