尽きないギフト・アイデア

0

th_Carpo Piccadilly_banner

Carpo Picaddilly カーポ・ピカデリー

2013年夏にオープンしたピカデリー沿いにあるギリシャ系チョコレート、コーヒー、ドライ・フルーツ、ナッツの専門店。独特の活気ある空気は、旅行者だけでなくロンドナーたちをも大いに魅了しています♪

th_Carpo Piccadilly0

最初に目に飛び込んでくるのは大テーブルの上にきれいにディスプレイされたチョコレートの数々。トリュフからソリッドなバー、ナッツ入りのもの、オーガニック・チョコまでパッケージや価格帯もさまざまなので、どんな人にも合ったものが見つかりそう。中でもギリシャの伝統チョコレートからアイデアを得た当店名物の「Chocolate Tube」は、見た目はまるでボンレス・ハムみたいなんですがw 中身はカカオを半分以上含んだチョコレート。プレーンやナッツ入りなどバラエティも豊か。スライスしてお好きなだけ召し上がれ♪

th_Carpo Piccadilly1

サイドの棚には色とりどりのドライ・フルーツやカンディード・フルーツが並び、ヨーロピアンたちの目を捉えて離しません ^^

th_Carpo Piccadilly2

甘いものに興味ない方は、豊富に取り揃えたナッツ類をどうぞ。ローストしたもの、シーソルトを加えたもの、生のものなどいろいろある中で、おすすめはヒマラヤの塩をまぶしたミネラル満点のヘルシーなナッツ類。おつまみにも最適です☆

th_Carpo Piccadilly3

店内にはいくつかテーブル席もあるので、ショッピングに疲れたらブラウニーと一緒にほっとコーヒー・ブレイクを。ギリシャ系の店だけあり、専用鍋を使って挽きたての豆でグリーク・コーヒーを作ってくれるほか、もちろん評判のホット・チョコレートも見逃せません!

左上の写真奥に見えているのがチョコレート・チューブ

左上の写真奥に見えているのがチョコレート・チューブ

クリスマス時期のヨーロッパ家庭に欠かせないチョコレート、ナッツ、ドライ・フルーツが全て揃う当店、ギフト・アイデア満載なのでぜひピカデリー界隈に来られたら立ち寄ってみてくださいね。

ちなみに同じピカデリー沿いのすぐ近くには、こちらもUK初の店舗であるトルコ系チョコレート&コーヒーの店、Kahve Dunyasiの大型店があるんですが、二つを比べてみると、トルコとギリシャの好みの違いが分かるのかもしれません ^^

16 Piccadilly, London W1J 0DE

店名Carpo Picaddilly
最寄り駅Piccadilly Circus / Green Park
住所16 Piccadilly, London W1J 0DE
電話番号020 7287 7233
営業時間月〜木 8:00 - 22:00 金 8:00 - 22:30 土 8:30 – 22:30 日 10:00 – 22:00
URLhttp://www.carpolondon.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す