70’sデコのおばあちゃん家でスコーン三昧☆

0

th_Ediths House_CE_banner

Edith’s House   エディシーズ・ハウス

北ロンドンはクラウチ・エンドに2015年夏に登場した「おばあちゃんの家 / Granny’s house」がコンセプトの超レトロ・カフェ☆ イギリス人なら誰しも懐かしいと感じる70年代の一般家庭のインテリアを完璧に再現した、一種アトラクション的な空間です ^^

th_Ediths House_CE0

th_Ediths House_CE1

ここは南東イングランドの中世の港町ライにあるティーハウス、Edith’s Houseのロンドン支店。役者としてのキャリアを生かし、何かを始めたいと思った共同オーナーが70年代のデコレーションをコンセプトに劇場風のレトロ・ハウスを再現。オーナーの一人、イートンさんのおばあさんであるエディスさんの名を付けたティーハウスがスタートしたのです。

イギリスのおばあちゃんの家って、こんな感じ〜♪

イギリスのおばあちゃんの家って、こんな感じ〜♪

th_Ediths House_CE3

居間に座った気分でお隣との会話もはずみます♪

th_Ediths House_CE5

役者さんがオーナーだけあり、小道具も本格的!?

というわけでレトロな冷蔵庫やガス台といった小道具がいかにもそれらしいキッチン、四角いテレビや花柄のクロスがかかったソファのある居間、古いミシンに化粧台、家族写真でいっぱいのベッドルーム、果てはトイレを残したバスルームまで、古いイギリスのお宅拝見的な要素がたっぷり詰まった当店の自慢は、スコーン!

ベイクド・アップルと、アーモンド・スコーン。スコーンはふわふわタイプで美味しいです☆ ジャムはお好みのものを選べるシステム

ベイクド・アップルと、アーモンド・スコーン。スコーンはふわふわタイプで美味しいです☆ ジャムはお好みのものを選べるシステム。私はこの日、クロテッド・クリームの代わりにグリーク・ヨーグルトにしてみました☆

ポテト・スコーンのブレックファスト。山川や野菜の下にポテト入りの生地を焼いたものが敷かれているのですが、さほど好みではなかったかも ^^;

ポテト・スコーンのブレックファスト。山川や野菜の下にポテト入りの生地を焼いたものが敷かれているのですが、さほど好みではなかったかも ^^;

プレーンはもとより、ハニー、シナモン、ココナッツ、アーモンド、ホワイト・チョコレートなどのフレーバー・スコーンに、それぞれマッチする各種ジャムを提案した魅力的なスコーン・メニューが基本。そこにブレックファスト、日替わりランチ、その他スイーツなどが加わり、ユニークなティーハウス・メニューを構成しています。

th_Ediths House_CE7

こんな雰囲気たっぷりのティーハウスでは、運がよければハウス・ドッグの黒いパグ、Rouxちゃんに会えるかも ^^

59 The Broadway, London N8 8DT

店名Edith’s House
最寄り駅Crouch Hill / Highgate / Harringay
住所59 The Broadway, London N8 8DT
電話番号020 8347 8861
営業時間毎日 9:00 - 18:00
URLhttps://twitter.com/ediths_london
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す