ヴィンテージな台所で、ヴィンテージなケーキを♪

0

th_TownHouse_banner

Townhouse  タウンハウス

何百年前と変わらないジョージアン建築のタウンハウスが数多く保存されているスピタルフィールズ・エリアでも、コマーシャル・ストリートの東側からブリック・レーンへと続くエリアは、ずいぶん昔からクリエイターたちに人気の住宅街として知られています。中でもFournier Street沿いに建つタウンハウス群は、その建築クオリティの高さから建築史的に見てとても重要なのだとか。奇天烈なアーティスト・デュオのギルバート&ジョージが住んでいる通りとして知っている方もいらっしゃるかもしれませんね ^^

th_TownHouse1

この歴史あるFournier Streetにしっくり溶け込むように佇んでいるのが、ヴィンテージ・ショップのTownhouse。心地よく古びた装いに惹かれて中に入ると、温かみのあるヴィンテージ雑貨や小物が、容れ物との調和を見せつつオーガニックにディスプレイされています。セレクションはヴィンテージ家具のディーラーとして90年代からイースト・ロンドンで活躍しているイギリス人女性の手によるもの。オープン当初はヴィンテージ品だけの扱いだったようですが、近年は自身が好きなクラフト作家やアーティストによる作品なども扱って多彩な品揃えとなっています。

th_TownHouse2

オーガニックな空間☆

このショップの地下には「The Kitchen」と名付けられたヴィクトリア朝時代を思わせるキッチン・ダイニングが♪

コテージ・キッチンといった趣です

コテージ・キッチンといった趣です

イギリスの田舎にある小さな家の台所そのままといった趣の小さなスペースでは自家製ケーキとコーヒー&紅茶をいただくことができるのですが、このキッチンを地下にオープンしたきっかけというのが、なかなか面白いのです。

この雰囲気・・・やっぱり懐かしい感じ

この雰囲気・・・やっぱり懐かしい感じ

数年前、オーナーさんが買い付けに出かけたオークションで、とある家事ブックに出会いました。それは19世紀末から20世紀前半にかけて存在したある家庭で書かれた「賢い主婦の家事ブック」とでも言えるような手書きの本で、数々の興味深いレシピも含まれていたそうです。オーナーさんは洋服のクリーニングから美味しいケーキの作り方まで、その実用的かつ魅力に富んだ内容に驚愕。この家事ブックにインスパイアされ、まずはケーキから再現してみましょうということで始めたのが、地下キッチン・カフェだということです。

リンゴのプチ・ケーキ、美味しかったです ^^

リンゴのプチ・ケーキ、美味しかったです ^^

ケーキは全てがその家事ブックからのものではないようですが、日替わりで登場し、週末は種類も多めに。1720年頃に建造された建物のヴィンテージ・キッチンで味わう、ヴィンテージ・レシピのケーキは、21世紀のコーヒーマシンで煎れるコーヒーと共にお楽しみを☆

5 Fournier Street, London E1 6QE

店名Townhouse
最寄り駅Liverpool Street
住所5 Fournier Street, London E1 6QE
電話番号020 7247 4745
営業時間月 11:00 – 17:00 火〜金 11:00 - 18:00 土 ・日 11:00 – 17:00
URLhttp://www.townhousewindow.com/visit/the-kitchen/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す