合い言葉は「身体に気持ちいい!」

0

th_LLS Cafe-Deli_banner

LLS Café Deli   エルエルエス・カフェ・デリ

数ヵ月前にヘルス&美容コンシャスな住人が多いハムステッドに登場した、超のつく健康おたくカフェ。ショーウィンドウを彩るカラフルなケーキたちを見るにつけ、手作り感いっぱいでw なかなか好感のもてる店だなぁと思って入ってみたのですが、そのケーキたちはほとんどがグルテン・フリー、そして火を通さない生食材で作ったローケーキだったのです〜。

ガラス・ジャー入りのサラダも売りの一つ

ガラス・ジャー入りのカラフルなサラダも売りの一つ☆

th_LLS Cafe-Deli3

th_LLS Cafe-Deli2

th_LLS Cafe-Deli4

左上の緑色のケーキはスピルリナ・ケーキ。これだけはちょっと試すのに勇気がいりそう・・・反対にこのケーキが美味しければ天晴れです ^^

「Eat No Evil」(害のないものを食べよう)をコンセプトにフランス人姉妹が始めた当店は、駅裏手からハムステッド・ヒース方面へと伸びるHeath Street沿いにあります。横に細長い小さな店内はケーキに負けず劣らず手作り感満点。カフェ・メニューは奥にある小さなキッチンで作られているようですが、ケーキは別サイトにてホームメイドしたものを毎朝運んでくるそうです。

入り口左手にある冷蔵ケースに並んでいたガラス・ジャー入りのいかにも健康によさそうなサラダにも惹かれたのですが、紙メニューを見ると中東の朝食として知られるShakshukaがあったので、そちらを注文。トマト・ソースの中で卵をベイクしたものが伝統的なシャクシュカですが、当店のものはフランス人経営らしくエミールアンリのボウルにパプリカをはじめとした野菜がたっぷり入ったスープ風の不思議シャクシュカ ^^  ほとんどラタトゥイユでしたがw  お味のほうはなかなか良かったですよ。

お友達がいただいた「ヘルシー版フレンチ・トースト」は全粒粉パンをオーガニック卵+ナッツ・ミルク液に浸してベイクし、ベーコンとクレーム・フレッシェを添えたおフランスな一品。パンは中心部以外はカリカリで、日本風のしっとりフレンチ・トーストを期待していると肩すかしですが、これはこれで受容はあるのではないかと見ました ^^ (ロンドンのレストランやカフェで出している自称フレンチ・トーストはバリエーションがありすぎで面白いですw)

ハードな魅力のw  フレンチ・トースト〜 by フランス人姉妹w

ハードな魅力のw フレンチ・トースト〜 by フランス人姉妹w

このボウルで登場したときは驚いた〜

このボウルで登場したときは驚いた〜

ケーキは生素材で作ったティラミスと、小麦粉を使っていると思われるフルーツ・タルトをシェア。どちらも見た目通り手作りの良さが感じられる素朴な味わい。「身体に気持ちいい!」と胸を張って言える健康&新鮮素材が決め手です☆

ケーキは素朴な味わい♪

ケーキは素朴な味わい♪

ハムステッドって、以外と独立系のカフェやレストランが少ないんですよね・・・いつもどこに行こうか迷ってしまうことが多いのですが、足休めの選択肢が増えて嬉しい限り。次回はサラダと別のケーキにしてみます ^^

ちなみにトイレはありませーん。

95-97 Heath Street, London NW3 6SS

店名LLS Café Deli
最寄り駅Hampstead
住所95-97 Heath Street, London NW3 6SS
電話番号07478 560 055
営業時間月〜金 7:00 – 19:00 土・日 8:00 – 19:00
URLhttp://www.llscafe.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す