ノルディック・テーマのミニマル・カフェ

0

th_Lundenwick_banner

Lundenwick  ランデンウィック

コベント・ガーデンの南端で弓のようにしなっているAldwychは、いくつか格式ある劇場やホテルが連なるゴージャスな通り。そんな大通りに小さな独立系カフェがポツンと昨年8月に誕生しています。名前はLundenwick。北欧の都市の名前か何か? と思ったら大間違い。これはローマ人によって建設されたロンドンの前身、ロンディニウムが放棄された後、新興してきたアングロサクソン族によって付けられたロンドンの古称なんだそうです。たしかに大陸的な響きですよね。

左上がトースティー用のサンドイッチ

左上がトースティー用のサンドイッチ

バラ・マーケットに出店しているスコッチエッグの店「Scotchtails」を創業したコンビが始めた当店、名物はスコッチエッグではなく、トースティーみたいです。トースティーというのはチーズのホット・サンドイッチのことなんですが、最近はフィリングにかかわらずホット・サンド全体を指してToastieというのがトレンドらしく、カフェでもたくさん見かけるようになりました。昔からホット・サンドイッチはあったのですが、トースティーと呼ぶようになってから、なんだかお洒落度が増しています。

この日のサラダには、やたらとマンゴーが入ってました

この日のサラダには、やたらとマンゴーが入ってました

さて、私はその名物らしいトースティーはいただかず、サラダの盛り合わせを。通常は大皿に盛ってあるサラダをお皿にのせてもらうみたいですが、私が行ったときはすでにピーク時間を過ぎていたからか、全部のサラダがきれいに持ち帰り用のボックスに入っていましたw  店内で食べたい場合は、お皿にあけてくれます。サラダは普通に美味しい。ヘルシー! という印象です ^^

イートイン・スペースは狭く、地下に少しだけテーブル席があります(左下)

イートイン・スペースは狭く、地下に少しだけテーブル席があります(左下)

インテリアはウッディでシンプルで飽きがこない北欧テイスト。個人的には紙コップのデザインが可愛いなと思いました。お客さんを見ていると、2人組がサラダとトースティーを一つずつ頼んで、半分ずつお皿に盛ってもらっていました。ハーフ&ハーフというやつでしょうか。「あれ、いい!」思ったので、次回、誰かと来たときは、絶対そうしようと思ったのでした ^^

45 Aldwych, London WC2B 4DR

店名Lundenwick
最寄り駅Covent Garden / Temple
住所45 Aldwych, London WC2B 4DR
電話番号
営業時間45 Aldwych, London WC2B 4DR
URLhttp://www.lundenwic.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す