ブリティッシュ・ベーキングの朴訥

2

th_Peyton and Byrne_Marylebone_banner

Peyton and Byrne Great Portland Street  ペイトン・アンド・バーン   グレート・ポートランド・ストリート店

ちょっとクセのあるアイルランド人実業家、オリバー・ペイトン氏がプロデュースするベーカリー・カフェの最新店がグレート・ポートランド・ストリート沿いにオープンしました。同店は美術館や博物館の中にミュージアム・レストランとして入っていることが多いものの、こうして路面に店を構えると、ちょっとした独立系カフェのように見えるから大したものです。

th_Peyton and Byrne_Marylebone0

th_Peyton and Byrne_Marylebone1

th_Peyton and Byrne_Marylebone2

壁のデコレーションやテーブルの形など、まるでスコーンの抜き型のような花形ロゴをアレンジしたインテリアがなんとも可愛らしい店内。チェーンだけど居心地もよくて長居してしまいそうな仕様です ^^

th_Peyton and Byrne_Marylebone3

ロゴ型のテーブル ^^

レースみたいなデコレーション

レースみたいなデコレーション

このスコーンを見よ!  レシピ、変えたね〜 ^^

このスコーンを見よ! レシピ、変えたね〜 ^^

流行りの大皿盛りサラダもいいですがw ここではやはり、食事系のパイやキッシュ、マフィン、そして甘い焼き菓子などを注文してブリティッシュ・ベーキングの真価を見極めてみてください。チェーンと言ってもある程度のクオリティは見込むことができ、もしかすると「イギリス菓子とは?」という疑問に応えてくれる何かに出会えるかもしれません。

ちなみに、こちらのスコーンは、以前はちょっとパンのような食感でいただけなかったのですが、今は写真を見る限り、スタンダードなレシピに戻ったかのような印象です。今度試してみよっと♪

226 Great Portland Street, London W1W 5QP

店名Peyton and Byrne Great Portland Street
最寄り駅Great Portland Street
住所226 Great Portland Street, London W1W 5QP
電話番号020 3422 1453
営業時間毎日 8:00 – 20:00
URLhttp://www.peytonandbyrne.co.uk/great-portland-street-/index.html
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

2件のコメント

  1. 江國 まゆ

    永田敦子さま☆
    コメントありがとうございます! なかなか可愛らしいお店でした ^^
    もしやパティシエをされているのでしょうか?
    イギリス菓子は簡単ですけど奥深いですよね〜 ^^ 私も大好きなのです♡

コメントを残す