一目惚れパティオと下町風情

0

th_Coleman Coffee_banner

The Coleman Coffee Roasters  コールマン・コーヒー・ロースターズ

2010年、南ロンドンはCamberwellの産業地区で、一人のコーヒーマンが焙煎所をひっそりと立ち上げました。彼の名はジャック・コールマン。なんと、ロンドンの元祖アルチザン・コーヒー焙煎所、コベント・ガーデンにあるモンマス・コーヒーの上階にあるフラットで育ったという筋金入りです。文字通り本物のコーヒーの薫陶を受けてしまったジャックの将来は、すでに決まっていたのかもしれません・・・。

まださほどファッショナブルになる前のバーモンジーはMaltby Marketの近くに焙煎所を移したのが2011年のこと。そして、今では稀少となったイタリア生まれの1950年製焙煎機「Otto Swadlo」で少量ずつ丁寧にローストされるアラビカ・コーヒー(ブラジルとガテマラ)が、この春からWaterlooの裏手にあるレトロな下町商店街、Lower Marshでも飲めるようになりました ^^

th_Coleman Coffee0

下町情緒あふれるLower Marshに出店するなんて、ジャックさん、やってくれますな

もちろん豆は購入可能!

もちろん豆は購入可能!

左上の写真は、「バターケーキ」。ヨーロッパ風のリッチなバターケーキだと思われるのですが、こんなふうに包装されてると、ほんとうにソソられます ^^;

左上の写真は、「バターケーキ」。ヨーロッパ風のリッチなバターケーキだと思われるのですが、こんなふうに包装されてると、ほんとうにソソられます ^^;

ロウアー・マーシュほどロンドン中心部にありながら古きよき下町の佇まいを残している通りは少ないと思うのですが、このコールマン・コーヒー・ロースターズほど、2016年の現在にあって、この通りに出店するのにふさわしいカフェもないと思うのです。まさにベストマッチな組み合わせ。店のインテリアも適度にトレンドを取り入れつつ、それでもなぜか懐かしさを感じる。そんな絶妙の造りは、裏手にひっそり息づいている小さなパティオにとどめを刺します。

一目惚れしたパティオ。この日は晴天で、木陰が心地よかった

一目惚れしたパティオ。この日は晴天で、木陰が心地よかった

th_Coleman Coffee4

th_Coleman Coffee5

どうです、なかなか味のあるパティオでしょう? 木漏れ日の差し込む午後、コーヒーを飲みながらゆっくりお気に入りの本に目を通していく。そんな過ごし方が似合うとっておきの空間です。コーヒーだけでなく、朝食やランチもじわじわ人気が出てきています。こちらのスペシャリティはスタッフォードシャー名物の「Oaties / オーティーズ」。オート麦のパンケーキです。見た目はそば粉のガレットに似ていますが、もっと素朴な味なのかな? 食事系数種とスイーツ1種から、2枚のパンケーキを焼いてくれるのですが、レビューを見るととっても美味しそう♪ 次回、必ず食べてみたいものリストに加わりました ^^

右上はヌガー。なぜか、ヌガー。

右上のお菓子はヌガー。なぜか、ヌガー。

20 Lower Marsh, London SE1 7RJ

店名The Coleman Coffee Roasters
最寄り駅Waterloo / Southwork
住所20 Lower Marsh, London SE1 7RJ
電話番号020 3267 1139
営業時間月〜金 8:00 – 15:00 土・日 9:30 – 15:00
URLhttp://www.colemancoffee.com/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す