カフェメシに自信あり! 大学街のクールな一軒

0

th_London Particular_banner

The London Particular   ロンドン・パティキュラー

ロンドン大学の芸術部門ゴールドスミス・カレッジを擁することで知られるNew Crossに、2014年に登場したモダン・カフェ。カリブ系移民が有機的に形づくる活気ある庶民の町という印象のニュー・クロスにあって、当店だけが突出して現代風です。そしてオーナーが女性シェフというこちら、まぁご飯の美味しいこと。ロンドン市内でも指折りの部類ではないでしょうか ^^

th_London Particular1

右上はハウス・フリッタータ。上手に焼けてます♪

右上はハウス・フリッタータ。上手に焼けてます♪

休日ブランチはベーコン・サンドイッチから自家製ベイクド・ビーンズを交えた工夫のあるイングリッシュ・ブレックファースト、そして数々のヘルシーなハウスサラダやベジ・オプションのオープン・サンドなど魅力的なラインナップが並びます。そしてこの日のハイライトはハウス・フリッタータ! カボチャやズッキーニがたっぷり入っていながらも、まったく水っぽくない旨味凝縮の有機卵フリッタータはレギュラー・メニューみたいなので、ぜひぜひ試してみてください♪(レシピが知りたい!)

ビートルートの浅いピクルス、リーク、サルサ・ヴェルデ、トーストしたアーモンドのオープン・サンド。新鮮な組み合わせ!

ビートルートの浅いピクルス、リーク、サルサ・ヴェルデ、トーストしたアーモンドのオープン・サンド。新鮮な組み合わせ!

左はハウス・サラダの盛り合わせ。この日はカボチャのロースト、バーリーのサラダなど3種で味もよく大満足☆ 右上がフリッタータ!

左はハウス・サラダの盛り合わせ。この日はカボチャのロースト、バーリーのサラダなど3種で味もよく大満足☆ 右上がフリッタータ! この量を二人でシェアしました

良心的な小規模生産者から仕入れる生きた素材で作る、 アイデアあふれる品々に惚れたブランチ・タイムでした。木曜から土曜までは夜もオープンしているので、こちらもひと味違う顔を見せてくれそう。コーヒーはお隣にある同系列の店、LP Barに置いているマシンで淹れてくれます。

コーヒーは隣のバーからやってくる。スタッフはとてもプロフェッショナル。学生さんアルバイトもいらっしゃいますが ^^

コーヒーは隣のバーからやってくる。スタッフはとてもプロフェッショナル。学生さんアルバイトもいらっしゃいます ^^

ちなみに店名にある「いかにもロンドンっぽいもの」(London Particular)って何でしょうね? と思ったら、悪名高いロンドンの霧にちなんでいるそうです。1950年代のロンドンを覆った黄色がかったスモッグ混じりの霧は「エンドウ豆のスープ」に喩えられ・・・London Particular = Pea soup fogなのだそうです ^^; 南東ロンドンあたりは、スモッグがとくにひどかったのかも・・・。

399 New Cross Road, London SE14 6LA

店名The London Particular
最寄り駅New Cross / New Cross Gate
住所399 New Cross Road, London SE14 6LA
電話番号020 8692 6149
営業時間月〜水 10:00 – 16:00 木・金・土 10:00 – 16:00 / 18:00 – 22:00 日 10:00 – 16:00
URL
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す