ケンティッシュ・タウナーに愛され続けて60年

0

th_marios-cafe_banner

Mario’s Cafe   マリオズ・カフェ

カムデン・タウンにほど近いケンティッシュ・タウンの一画に、パステル・カラーの外壁が続くさわやかな住宅通りがあるのですが、その小路を入ってすぐのところに、マリオさんが経営する名物カフがあります。どうして名物なのかというと、このカフはマリオさんのお祖父さんの代からずっと、半世紀以上に渡ってここで営業しているからなのです。1958年にお祖父さんのマリオさんがオープンしたとウェブサイトに書いてあるので、今年で58年目。当時はTony’sという名前だったそうなのですが、トニーさんというのは、現在の当主であるマリオさんのお父さんにあたる方、つまり、初代マリオさんの息子さんの名前から付けたのだそうです。

ずっと気になってはいたのですが、北ロンドンに住んでいながらこれまで立ち寄る機会もなく・・・それがこの夏のある晴れた日、近くに住む友人とひょっこり訪れてみました ^^

th_marios-cafe_0

th_marios-cafe_1

ベリースムージーみたいなお洒落な飲み物もあるのだw 器が70年代風でステキ

ベリースムージーみたいなお洒落な飲み物もあるのだw 器が70年代風でステキ

ほんの5、6テーブルが並ぶだけの小さなブリティッシュ・カフ。もとい! ここはブリティッシュ&イタリアン・カフ♪  プーリア出身の初代マリオさんから続くイタリアン・ヘリテージはメニューにしっかり引き継がれ、中でもチキン・エスカロップとアラビアータを一皿盛りにした伊太利亜コンビは秀作! リピートしたくなる気持ちが分かるちょうどいい味のバランス&揚げ具合でおそらく人気ナンバーワンのメニューなのでしょう。ナスのメランザーネは美味しかったけど、日本人としては熱々にしてサーブしてもらいたかったかも ^^;    ハンドカットのチップスは美味でした♪

th_marios-cafe_3

カプチーノもふつうに旨し

HPソ−スからハインツのケチャップ、コールマンのマスタードまで三種の神器がそろい踏み

HPソ−スからハインツのケチャップ、コールマンのマスタードまで三種の神器がそろい踏みするなか、ヒマラヤ・ソルトが混ざっているところにボヘミアンな姿勢を感じる

ナスのメランザーネはもっと熱々がよかったな

ナスのメランザーネはもっと熱々がよかったなん

チキン・エスカロップとペンネ・アラビアータのコンビは最強!

チキン・エスカロップとペンネ・アラビアータのコンビは最強! ペスト・ソースのペンネも美味しそうでした♪

半世紀の間に紆余曲折がなかったわけではなく、70年代から80年代にかけての約10年間はリース貸ししてチャイニーズ・テイクアウェイの店だったこともあったようです。それでも地元の人々はマリオズを愛し続け、再開後はリピーターたちが通う地元密着型の店に。場所柄ミュージシャンやクリエイターたちのお気に入りでもあり、1993年にポップグループのセイント・エティエンヌがマリオズを歌詞に歌い込んだことがきっかけに北ロンドン外でも知られるようになります。そして2010年には映像作家のローランド・デニングさんがマリオズ・カフェについてのドキュメンタリーを制作。伝説のカフェとなったのです。

マリオさんは気配りのよくできる気さくな方。ご本人もおそらく音楽をやってらっしゃった音楽好きな方なのだと思います。これからもケンティッシュ・タウンの名物カフェとしてずーーっと営業していてほしい、そんな思いとともに、またあのチキン・エスカロップとペンネ・アラビアータのコンビを食べに戻ってきたいと思うのでした。

6 Kelly Street, London NW1 8PH

店名Mario’s Cafe
最寄り駅Kentish Town
住所6 Kelly Street, London NW1 8PH
電話番号020 7284 2066
営業時間月〜土 7:30 – 16:00
URLhttp://www.marioscafe.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す