珈琲の国から、コーンウォールへ直行

0

th_Origin Coffee_Shoreditch_banner

Origin Coffee Roasters, Shoreditch   オリジン・コーヒー・ロースターズ   ショーディッチ

イングランド南西部コーンウォールを拠点にしているコーヒー焙煎所「Origin Coffee」が、2012年にオープンしたロンドンの旗艦店。スキッとした直線ラインとモノトーンのなかに、コーンウォールの海岸をイメージしているのか、海の生き物たちの線画イラストを壁一面にほどこしたショーディッチらしいコーヒーハウスは、すでに地元民にとってなくてはならない生活の一部となっています。

th_Origin Coffee_Shoreditch_0

th_Origin Coffee_Shoreditch_1

エル・サルバドール、ニカラグア、コロンビア、ブラジルといったコーヒー生産国の農家と直接契約し、足を運んで話し合い、農園を見て樹々を見て、フェアトレード・ビジネスで輸入する豆はだから、シングル・オリジン。欠点をカバーし味の均一性を保てるブレンドをあえて避け、単一生産地の豆のパワーと長所を引き出すことに主眼をおいた焙煎が得意なようです。

th_Origin Coffee_Shoreditch_2

th_Origin Coffee_Shoreditch_3

ゆえに当店ではコーヒー・メニューに産地・生産者名・加工方法・産地の標高が記載されています。そして日本人ならときには飲みたい「Filter」もメニューにあります ^^   エスプレッソにお湯を足したアメリカーノではない、「ホット・コーヒー」。こちらはデカンタみたいなのに入ってきて、小さなカップに継ぎ足しながらお茶代わりに飲んでいくスタイルなのですが、この日、Filterになっていた「Kenyan Hadage」はちょっぴり酸味があり濃すぎず、喫茶店のコーヒーが好きな日本人にはウケそうなテイストでした。でも、もうちょっと熱々が好きかなぁ、なんて ^^;   これは注文するときに「熱々をよろしく」って頼むしかないですね。
th_Origin Coffee_Shoreditch_4

サンドイッチやお菓子類も充実! この日いただいたハムとロケット菜のホット・サンドは、オリーブ・ペーストがよきアクセントに☆ トーストの具合も完璧でした。久しぶりにいただいたアーモンド・クロワッサンもパリっとした食感で美味しかったです。

都市のカフェはワーク・ステーションとしての役割が大きいものですが、当店も奥に大きめのコミューナル・テーブルが配置され、仕事場機能もばっちり。地元コーンウォールに数店舗があるほか、ロンドンは他に大英図書館近くと、ハマースミスの2ロケーションにも展開しています。こういったこだわりのコーヒーハウスの例にもれず、コーヒー文化を伝える教室も随時開催中! コーヒー好きな皆様はぜひ、お運びあれ。

65 Charlotte Road, London EC2A 3PE

店名Origin Coffee Roasters, Shoreditch
最寄り駅Old Street
住所65 Charlotte Road, London EC2A 3PE
電話番号
営業時間月〜金 7:30 – 18:00 土 10:00 – 18:00 日 11:00 – 17:00
URLhttps://www.origincoffee.co.uk/pages/london#shoreditch
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す