愛と情熱のベーキング

0

th_KarmaBread_banner

Karma Bread   カルマ・ブレッド

パン作りを始めたのは、ほんの数年前に参加したベーキング教室が初めて、というにはあまりにもプロフェッショナルに成長したオーナー・ベイカー、タミさんの愛と情熱が文字通りほとばしるベーカリー・ショップは、ハムステッド・ヒースの南端にあるヴィレッジ、South End Greenにあります。

th_KarmaBread0

パン好きとして2015年のオープンしたての頃に何度か足を運び、最近また訪れる機会があったのですが、タミさんがすっかりリラックスしていて嬉しくなりました。オープン当初は接客に慣れておらず、痛いほどのやる気と緊張が伝わってくるガチガチぶりだったのですけれど ^^

th_KarmaBread1

この女性がタミさんです ^^

th_KarmaBread2

初めてパンを焼いたとき天命を感じたというだけあり、自身の手で愛情を込めて焼いたパンを売る彼女は本当に誇りと歓びに満ちています。「とてもスペシャルなのよ」と言いつつ試食させてくれたサワードゥは酸っぱさがきつめのタイプですが、チーズやハムと合わせるとまた違った美味しさを噛み締めることができそう。雑穀パンはソフトでモチっとした食感と滋味を楽しめます♪

th_KarmaBread3

食事パンは4ポンド前後。愛情いっぱいの本格派たちです☆

食事パンは4ポンド前後。愛情いっぱいの本格派たち☆  シナモン・ブレッドなど、甘いパンもあり

そんなタミさんのとっておきスペシャルは、ユダヤの編みパン「ハラー」。ユダヤの人々が安息日にいただく編み込みタイプのリッチな白パンは私も大好きで、実はこのパンをお目当てに今回足を運んだのですが、安息日用だけあって金・土・日しか焼いていないとのこと! タミさんは「ハラー・クイーン」と呼ばれるほど、このハラーで有名なのです。Karma Breadのフェイスブックを見ていると、このハラーをタミさんが手でむっちり割っている動画が載っていて、超美味しそう♪ 次回は絶対に入手したいと思います! ハムステッドのご近所に住むジェイミー・オリバーさんもタミさんのパンのファンだそうですよ ^^

パン屋だけありブレッド&バター・プディングはお得意! ティーブレッドもすごーく美味しそうでした♪(下)

パン屋だけありブレッド&バター・プディングはお得意! ティーブレッドもすごーく美味しそうでした♪(下)

店内にはイートイン・テーブルもあり、コーヒーやティーと一緒にサンドイッチやケーキも楽しむことができます。ご近所のお気に入りは、とろけるチーズ・トースト・サンドや週末だけ登場するタミ・スペシャルのドーナッツ。パンの試食はいつもやっているので、迷ったら「味見させてくれない?」と聞いてみてくださいね。

あ、そういえばどうして「カルマ・ブレッド」なのか、聞きそびれたなぁ。次回行ったときに聞いてみよう。ちなみに外観のフレームの色がブルーだったりグレーだったりしてますが、今はグレーです。オープン当初がブルーだったと思います ^^;

あ、そういえばどうして「カルマ・ブレッド」なのか、聞きそびれたなぁ。ホームページにはさわりが書いてあるのですが・・・次回行ったときに聞いてみよう。ちなみに外観のフレームの色がブルーだったりグレーだったりしてますが、今はグレーです。オープン当初がブルーだったと思います ^^;

13 South End Road, London NW3 2PT

店名Karma Bread
最寄り駅Hampstead Heath / Belsize Park
住所13 South End Road, London NW3 2PT
電話番号020 7431 6050
営業時間月〜金 8:00 – 18:00 土・日 8:00 – 17:00
URLhttp://www.karmabread.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す