午後のお茶はヴィンテージに埋もれて

0

th_Aladdins_banner

Aladdin‘s  アラジンズ

アラジンの魔法の洞窟のように長〜いお店の奥にはわんさわんさとヴィンテージ家具やセカンドハンドのお買い得品が埋もれている・・・そんなショップのフロントに、昨年秋頃にできたヴィンテージ・カフェ♪   北ロンドンのホーンジー・エリアにあります。

th_Aladdins_1

th_Aladdins_2

カフェの家具も気に入れば購入できるというスタンスがなんともイギリス流。古き良き30年代から50年代を思い起こさせるレトロな雰囲気の中で、優雅に午後のお茶をいただけるぜいたくな空間なのです。テーブルの配置がゆったりとしているのも嬉しい ^^

th_Aladdins_4

th_Aladdins_5

オーナーさんは中東系で、このセカンドハンド家具ショップ自体はすでに十年以上は営業しているのですが、いつのまにやらカフェが併設されぐっと魅力を増しました(オーナーさんと立ち話をしたときにどのくらい営業しているか聞いた気がするのですが、 すっかり忘れてしまった・・ごめんなさい。でも十年は確実)。ショップではアンティークも扱っていて、買い取りもしているみたいですよ。よくない状態のものでも修復して蘇らせ、チャリティー・ショップに送ったりリサイクルしたりと、廃棄するという選択肢はほとんどしないそうです。

th_Aladdins_6

th_Aladdins_7

さて、カフェのほうはサンドイッチやスープなどの軽食からケーキまで、カフェ・メニューは一通り揃えているようです。ケーキは手作り感満載で、この日は小さな小さなシナモン・スワールがあったので頼んでみたら2つセットで1ポンドしなかったような・・。お味も通常サイズのシナモン・スワールと変わらない、イースト生地らしい歯ごたえのパンに甘いシナモン・ペーストが巻かれた本格派。このミニ・サイズのスイーツというのは、大量の甘いものを必要としない日本人の嗜好に心地よくマッチします ^^ ブラック・ティーのお供に最適〜♪(と言って、この日はコーヒーでしたが・・)

th_Aladdins_3

th_Aladdins_8_

カフェ・メニューもお手頃なのですが、家具も他のポッシュなエリアにあるお店で買うよりも若干、お安いのも特徴みたいです。私はアンティークやヴィンテージにさほど興味がないのでしっかりとは見なかったのですが、店内にぎっしりディスプレイされた品々・・・古いもの好きさんたちにはたまらないに違いありません。

1 Hazellville Road, London N19 3LW

店名Aladdin‘s
最寄り駅Crouch Hill / Archway / Upper Holloway
住所1 Hazellville Road, London N19 3LW
電話番号020 7272 1011
営業時間月〜土 8:00 – 17:00 日 12:00 – 16:00
URLhttps://www.facebook.com/aladdinsvintagecafe/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す