プーリア名物はじめて体験

0

th_Apulia Cafe_banner

Apulia Cafe   アプーリア・カフェ

アプーリアというのは、イタリアのかかと、プーリア州の英語名。太陽の恩恵をたっぷり受けた南イタリア・プーリアゆかりの軽食を出すカフェが、昨年カムデン・ロードに登場しました。

ここの名物はズバリ・・・「Frisella フリセッラ」(複数形フリセッレ)のオープン・サンド。わたくし、全然知らなかったのですが、パンを日持ちさせるため、せっかくの焼き立てパンを二つ割にし、ふたたびオーブンに入れてガシガシに乾燥させたプーリア地方の伝統パンなのだそうです。食べものの入手や保存が難しかった昔の旅人には、きっときっと大変重宝する保存食だったに違いありません。

まるで家庭用キッチン ^^  左上はカウンターの上に置いてあったお菓子。店内ではイタリア食材も売ってます(左下)

まるで家庭用キッチン ^^ 左上はカウンターの上に置いてあったお菓子。店内ではイタリア食材も売ってます(左下)

フリセッレ・メニューは5つ。スクランブル・エッグやベーコンを載せたイングリッシュ・ブレックファスト風、マリネ・サーモン&ポーチド・エッグ&アボカド、アボカドとチェリー・トマト、スモーキーチーズとナス&ペッパー、リコッタ・チーズとコジェット。どれもこれも試してみたい組み合わせでしたが、お腹がすいていたので私は迷わずイングリッシュ・ブレックファスト風、友人はサーモン&ポーチド・エッグに。

つぶしたアボカドの上にサーモンのマリネを載せてポートド・エッグとほうれん草を添えた一品。意外とバランス取れてます。

つぶしたアボカドの上にサーモンのマリネを載せてポーチド・エッグとほうれん草を添えた一品。サーモンがフレッシュで美味しそう♪  何気なく栄養バランスいいですよね。

英国式朝食のようなトッピングの

英国式朝食のようなトッピングのフリセッラ。上手に調理されていて、とても好印象♪

フリセッラは、まず水に10秒ほど浸してパンの表面を柔らかくし、その後トッピングをのせて食べるのだそうです。トマト&エキストラ・ヴァージン・オリーブ油の組み合わせを基本として、いろいろなレシピがあるみたいですね。私は最初、古くなったパンを再利用する料理なのかと思っていたのですが、そうではなく、「フリセッラ」は最初からフリセッラとして作られるので、決してパンの二次使用ではないと学びました。

いただいたイングリッシュ・ブレックファスト風「Parallel-EB」ですが、とても美味しかったです♪ なめらかな舌触りのスクランブル・エッグも小さなポートベロー・マッシュルームも、そして密かに隠れているマッシュしたグリンピースも、全部味付けが丁寧に、適切にされています。マッシュト・ピーは実はこの中でいちばん楽しんだ味。全体の味をまとめる役割をしていました。お友達に分けてもらったサーモンも美味しかった♪

イタリアン・コーヒーも美味しい☆ さりげなく立てかけてあるギター。お好きにお弾きくださいというスタンスみたい。

イタリアン・コーヒーも美味しい☆ さりげなく立てかけてあるギター。お好きにお弾きくださいというスタンスみたい。腕に覚えのある方、一曲いかが?♡

ただ一つ、このフリセッラの美味しい食べ方という観点から付け加えると、おそらく完熟トマトにちょっぴり塩をしてEVオリーブ油をふりかけたものが、想像するに最も美味しい食べ方なのではないかと。水でふやかしたパンは、決してグルメな食べものではないですよね。いかに 長持ちさせるかという昔の人の知恵から生まれた食べものであることは想像にかたくありません。イングリッシュ・ブレックファストにはやはりカリカリ・トースト。フリセッラには、トマトとオリーブ油。それでいいんじゃないかと思ったのですが ^^;  あるいは、魚介スープなんかに添えるパンとしては、最適かもしれません。

こちらのカフェにもトマトとケイパー&アボカドというメニューがあるので、ぜひぜひ次回はシンプルなものを試してみたいと思いました。フリセッラはきっと、ナイフ&フォークで食べるものではなく(切りづらいし!)、手でもってパクリといただくものなのではないかとも。

夜は9時まで営業しているので、ワインの夕べも楽しめます♪ プーリア地方の特産ワインで乾杯しつつ、軽いおつまみやパスタはいかが? 日替わりスペシャル料理もあり、ラザニアに美味しそうにパクついているお客さんもいました。ふらりと立ち寄って楽しみたい上質カフェです ^^

あぶそる〜とロンドンのレストラン・カフェ・パブ検索機能では、
ジャンル、エリアの両方から検索することができますので、
しっかり活用してくださいね〜!

http://www.absolute-london.co.uk/fooddrink

126 Camden Road, London NW1 9EE

店名Apulia Cafe
最寄り駅Camden Road / Camden Town
住所126 Camden Road, London NW1 9EE
電話番号07910 949 625
営業時間火〜金 9:00 – 21:00 土 10:00 – 21:00 日 11:00 – 17:00
URLhttp://www.apuliacafe.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す