女神たちのキュートな老舗デリ

0

th_Finns_banner

Finns of Chelsea   フィンズ・オブ・チェルシー

すでに30年以上に渡ってチェルシーのど真中で営業しているというデリカテッセン。ネット上で存在は知っていたものの、なかなか訪れる機会がなく・・・しかしようやく行ってまいりました ^^ チェルシー・グリーンの一画にあるキュートなお店です。

チェルシー・グリーンの一画。グリーンな店構え ^^

チェルシー・グリーンの一画。グリーンな店構え ^^

1985年にジュリア・バニスターさんという女性が創業し、現在は姪っ子さんと一緒に経営しているようです。創業32年って、すごいです。1985年に生まれた赤ちゃんが、もう32歳ってことですから ^^

入り口が小さいので目立たないのですが、こんなに長くこの地に存在できている理由は、店舗販売と同時にケータリングの仕事を数多くこなしているからのよう。奥にある広いキッチンでは大勢の人が働いている気配がしています。スタッフは女神のように可愛らしい若い女性が多いのですが、皆さん、この店のご飯で育ったような方ばかりとのこと。心温まります ^^

th_Finns_2

常時何種類くらいの惣菜があるのかな?

常時何種類くらいの惣菜があるのかな?

カウンター内には目移りするような惣菜類がズラリ♪    サラダ類ばかりでなくタイ・カレーをはじめとした煮込みなどもあって、ご近所さんが通っても飽きない仕組み。 私も友人と訪れ、惣菜盛り合わせをシェアしてみました。

プローン・カクテルのオープン・サンドとズッキーニ&アスパラガスのサラダ

プローン・カクテルのオープン・サンドとズッキーニ&アスパラガスのサラダ

コチラはサーモンと3種サラダ

コチラはサーモンと3種サラダ

お味のほうはグッド! 身が固くなりすぎない火加減で調理されたサーモンは新鮮。海老のカクテルソースも、ズッキーニとアスパラガスのサラダやビートルートのサラダもそつなく美味しい。安心してどの惣菜も選ぶことができるという印象です。どういうお値段体系か聞かなかったのですが、このサーモンの皿はメイン1種、サラダ3種の盛り合わせで14ポンドくらいだったと思います。友人はプローン・カクテルのオープン・サンドにサラダは1種しか盛り合わせなかったのに、たしか同じ値段だったと思います 汗。このへんの仕組み、いかにもチェルシーらしいどんぶり勘定ですがw 今度行ったときに確認しますw

スイーツも美味しそう☆

スイーツも美味しそう☆

自家製ケーキ類は試さなかったのですが、見るからに味は良さそう♪   こういうお店、ご近所にあると本当に重宝しますよね。

そして、当店をさらに特別なものにしているのは、雑貨を扱っているところ! 独特の有機テイストのキッチン雑貨やキッチュな柄のマッチなどを扱っていて・・・ガーリーな雰囲気満載なので、スタッフのガールズたちの趣味なのかな? 自家製ジャムやビスケットなどの販売もあるので、近くに来たら立ち寄ってみる価値あり。今や家賃が高くてよほどの力がない限り生き残っていくのが難しくなっているロンドンの外食産業ですが、こういう独立店舗は本当に大切にしていきたいです。

th_Finns_7

th_Finns_8

キングス・ロードの散策のついでに、ぜひぜひ立ち寄ってみてください♪

4 Elystan Street, London SW3 3NS

店名Finns of Chelsea
最寄り駅Sloane Square / South Kensington
住所4 Elystan Street, London SW3 3NS
電話番号020 8168 9800
営業時間月〜金 8:30 – 18:00 土 9:30 – 16:00
URLhttp://www.finnsofchelsea.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す