大英博物館目の前、隠れ家コーヒーハウス

0

th_Syrup of Soot_banner

Syrup of Soot   シロップ・オブ・スート

17世紀から続くロンドンの「コーヒーハウス」文化をコンセプトに、2016年にオープンした独立系カフェ。大英博物館正面門の目の前という絶好ロケーションにありながら、19世紀建造の趣ある建物の中、2フロアにわたってひっそりと営業している様子は、まるで大通りに潜む隠れ家そのもの。ロンドン在住者の皆さんにも、旅行者の皆さんにも、ぜひ一度訪れていただきたいヴィンテージ感あふれる素敵なコーヒーハウスなのです。

Photo by Nemo Robert

Photo by Nemo Roberts

この日は「ミニマリストでいこう。」「Nemoのサウスうろうろ」の写真家、ネモ・ロバーツさんと一緒の仕事帰りにお茶をする場所を探していて当カフェを発見♪ 携帯しか持っていなかった私が残念がっていると、「写真撮ってもいいですよ」とのオファーをいただき、彼女に少し写真をお願いしちゃいました。なんてゴ〜ジャス♪♡♪ 冒頭の写真も、byネモさんです ^^

この日のランチ・メニュー。携帯撮影。

この日のランチ・メニュー。携帯写真

Photo by Nemo Roberts

Photo by Nemo Roberts

ヴィクトリア朝時代のオリジナルの佇まいを再現したウッディなインテリアは本当に「落ちつく〜」とうなってしまう居心地よさ。1階奥のパティオだったスペースにはガラス屋根を付け、自然光を採り入れた明るいコンサーバトリーに。そこから階下に降りると、これまた超落ち着ける居間のようなカフェ・スペースが広がっています。冬の間はこういうカフェでのんびり、気の置けない友人たちと人生について語り合うっていうのもいいな・・なんて ^^

右の写真はコンサーバトリー。携帯写真

右の写真はコンサーバトリー。携帯写真

訪れたのはランチどきだったのですが、カウンターそばにはほっこり家庭料理的なサラダやメイン料理がデリ・スタイルで並んでいました。私たちが注文したサンドイッチも超グルメ。丸くくりぬいたパンに卵黄を入れた楽しげなクロック・ムッシュ風ホット・サンドや、パンもとても美味しかったサラミ&ピクルスのバゲット・トーストなど大満足。クオリティの高いコーヒーやお茶と一緒に楽しみました。

サンドイッチ各種♪ 携帯写真

サンドイッチ各種♪ 携帯写真

味、雰囲気、ロケーション。ぜーんぶ揃い踏みの素敵コーヒーハウス。それほど混んでなかったのが驚きの隠れ家スポットです♪ ちなみに「すすのシロップ」という店名は、コーヒーが珍しかった時代にユーモアを交え、ダークな色合いのコーヒーをもじった呼び名なんだとか。

あぶそる〜とロンドンのレストラン・カフェ・パブ検索機能では、
ジャンル、エリアの両方から検索することができますので、
しっかり活用してくださいね〜!

http://www.absolute-london.co.uk/fooddrink

38 Museum Street, London WC1A 1LP

店名Syrup of Soot
最寄り駅Tottenham Court Road / Russell Square
住所38 Museum Street, London WC1A 1LP
電話番号
営業時間月〜金 8:15 – 18:30 土・日 10:00 – 18:30
URLhttp://www.syrupofsoot.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す