夜のデザート難民は集まれ! ミャンマーの甘味処

0

th_Shan State_banner

The Shan State   シャン・ステート

「ふふ、ここは夜にスイーツを食べたいときに重宝するのよ」。そう友人に言われ、食後のデザート目的でやってきたのがここ、シャン・ステート。れっきとしたレストランで食事もちゃんと食べられるのですが、お店に入ってテーブル席を見渡してみても客たちが突いているのは 不思議なスイーツたち。ここはミャンマー北部シャン州の食べ物にフォーカスした、チャイナ・タウンはShaftesbury Avenue沿いの一軒ですが、お店のウェブサイトを見ても「ミャンマーやアジアのデザートに特化してま〜す」と書いてあるので、やはり甘味処として紹介したいと思います ^^

なかなかお洒落な外観なのです

なかなかお洒落な外観なのです

数あるデザートの中から私たちが試したのは、結局、抹茶アイス+あずき+寒天+団子という、あまりにもあんみつ的なデザートw お味は見た目のまま、さっぱりと美味しく、甘味を付けないバブル・ティーのようなものと一緒にいただきました。もう一つ、タピオカのココナッツ風味のデザートをいただいたのですが、こちらもアジア的なお味で完食。種類が豊富なので、気になる方はいろいろ試してみてください♪

バブル・ティー! 右奥のほうはふつうのアイス・グリーン・ティーのように作っていただいたと思う。いろいろカスタマイズしてくれるので聞いてみよう。

バブル・ティー! 奥のほうはふつうのアイス・グリーン・ティーのように作っていただいたと思う。温かいお茶から冷たいお茶、砂糖入り・無しなど、いろいろカスタマイズしてくれるので聞いてみよう。

めっちゃあんみつ的な一品w

あんみつ的な、余りにあんみつ的なw

ちなみにミャンマーの伝統食として当店でいただけるのは、キノコの炊き込み御飯やココナッツ・カレー風味のラクサ風スープヌードル、お茶の葉を使ったサラダ(!)など、興味津々のラインアップ。次回はぜひミャンマーの味も楽しんでみたいと思います。

あぶそる〜とロンドンのレストラン・カフェ・パブ検索機能では、
ジャンル、エリアの両方から検索することができますので、
しっかり活用してくださいね〜!

http://www.absolute-london.co.uk/fooddrink

100-102 Shaftesbury Avenue, London W1D 5EF

店名The Shan State
最寄り駅Piccadilly Circus / Leicester Square
住所100-102 Shaftesbury Avenue, London W1D 5EF
電話番号020 7437 0439
営業時間毎日 11:30 – 23:30
URLhttp://www.theshanstate.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す