陥没地帯のメシア

0

th_Trade Essex Road_banner

Trade, Essex Road   トレード(エセックス・ロード)

ナショナル・レイルのエセックス・ロード駅に近いEssex Road沿いで浮きまくっているモダン・カフェ。このカフェを中心にした半径500メートル・エリアは、東はダルストン、南はホクストン/ショーディッチ、北東はニューイントン・グリーン、北はキャノンベリー、西はハイバリー/エンジェルと、3分歩けば高級&お洒落エリアへと突入する地域ではあるのですが、このエセックス・ロード駅周辺のみ公営住宅が多いせいかカラーとしては超のつく庶民エリア。面白いレストランやショップは散見されるものの、カフェとなると・・・魔の陥没地帯とでも言うべき様相を呈しております ^^; もっともご近所のおじいさんやおばさま方が気兼ねなく通える古きよきCaffはたくさんありますけれども。

そんなエリアに2017年5月、スピタルフィールズで大成功しているスモーク・カフェ、Tradeがやってきました(一号店のレビューはこちら)。途端に以前は見かけなかった四方八方に住むヒップな住人の皆様がわらわらと通うようになり、この店の周りだけいつも妙な具合に賑わっておりますw

th_Trade Essex Road_1

th_Trade Essex Road_2

ミンス・パイとかあってすみません・・

ここの売りは第一号店と同じく、スモークした食材で作るサンドイッチやブランチ類と、サワードゥ・ブレッドで作る巨大チーズ・トースティー。スモークするのは肉だけでなくビーンズやトマトなどいろいろ。名物は自家スモークしたパストラミです。が、私は例のごとくベジってしまいましたが、このハルーミ・チーズのグリルが美味し〜い♪

ハルーミ・チーズのバーガーは、チリ・ジャムが決め手。ブリオッシュ・バンの甘さもきいてます。

ハルーミ・チーズのバーガーは、チリ・ジャムと焦しレモンの絞り汁が決め手。ブリオッシュ・バンの甘さもきいてます。

カムデンのチーズ・バーのときも書きましたが、ハルーミ・チーズってグリルするとキュッとした歯触りになってしまうことが多いのですが、ここのハルーミ・バーガーはそれ以上にやわらかな食感で、あのキュッキュっという歯触りがないんです。すごい、このハルーミ・チーズはどこで調達するのでしょうか。気になります。

焼き菓子類もよりどりみどりで種類は多いのですが、やはりキャロット・ケーキを試食しなければ・・・

スポンジ部分がもっと多くてもよかった・・・

スポンジ部分がもっと多くてもよかったキャロット・ケーキ・・・

悪くないです、悪くない・・・でも、チーズクリームのフロストが3層にもなっていて、それが甘かったので、甘甘でした ^^;   もう少しスポンジの美味しさを引き立たせる分量にすると、もっと美味しいのかもしれないと思いました。オリジン・コーヒー焙煎所の豆を使ったコーヒーは素敵です♪

th_Trade Essex Road_5

エセックス・ロードになんか用事ないという方は、ご近所にあるのディナー前とかに寄ってみるといいのかもしれません ^^

あぶそる〜とロンドンのレストラン・カフェ・パブ検索機能では、
ジャンル、エリアの両方から検索することができますので、
しっかり活用してくださいね〜!

http://www.absolute-london.co.uk/fooddrink

330 Essex Road, London N1 3PB

店名Trade, Essex Road
最寄り駅Essex Road / Canonbury
住所330 Essex Road, London N1 3PB
電話番号020 3490 1880
営業時間月〜金 7:30 – 17:00 土・日 9:00 – 17:00
URLhttp://www.trade-made.co.uk/essex-road.php
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す