欲張りドーナッツの品格とルーツ

0

th_Bread Ahead Carnaby_banner

Bread Ahead, Beak Street   ブレッド・アヘッド ビーク・ストリート店

パン作りを心から愛するマスター・ベイカー、マシュー・ジョーンズさんが2013年に立ち上げたブランド、Bread Aheadの最新店がカーナビーにオープン!

th_Bread Ahead Carnaby_1

Bread Aheadと言えば、頭のてっぺんからちょこなんと顔を出すジャムやクリームに胸がトキメク太っちょドーナッツで知られていますが、でも、本当はドーナッツだけじゃないんです。

このフロント・スペースの奥に、テーブル席があります。キングリー・コートと繋がっていると思うのですが・・未確認 ^^;

このフロント・スペースの奥に、いくつかテーブル席のあるスペースが広がっています。キングリー・コート側からもアクセスできると思うのですが・・未確認 ^^;

サラダも手が込んでいて美味しそう♪ 器もきれい♡

サラダも手が込んでいて美味しそう♪ 器もきれい♡

サンドイッチ類も充実。ランチに最適ですね。

サンドイッチ類も充実。ランチに最適ですね。

当店のモットーは「高品質のパンを、すべての人に」。5年前の誕生直後から口コミで大評判となったバラ・マーケットのストールで勢いをつけ、すぐにベーカリー・スクールを設立したマシューさん。数々のトップ・レストランでペイストリー&ベーカリー・シェフを務めた経歴から、パン作りの楽しさと技術を多くの人びとに伝える伝道師としての役割も果たしています。ですからドーナッツだけでなく、本来はサワードゥ・ブレッド、ブラウン・ブレッド、雑穀ブレッド、イタリアン・ブレッドなどアルチザンな食事パンにこそ本領が隠されているのかもしれません。

th_Bread Ahead Carnaby_5

現在市内5ヵ所に拠点を構える同ブランドの最新店は、カーナビー・ストリートのハブであるキングリー・コートの一画にあります。ウィンドウ沿いではふっくらとしたドーナッツがエレガントなシルバーのトレイに乗って道行く人びとを魅了中♪ 食事パンが美味しいと言っても・・・やはりこのビジュアルには抵抗できませんよね ^^

th_Bread Ahead Carnaby_6

この日はシナモン・バンズにしてみました。正統派の味!

この日はシナモン・バンズにしてみました。正統派の味!

ところでこのドーナッツ、どこかで見たことがあるような・・・? そうです、英国料理界の重鎮的レストラン、セント・ジョンのベーカリーで人気のドーナッツに似ていますよね。じつはブレッド・アヘッドの創設メンバーの一人であるマスター・ベイカー、ジャスティン・ジェラトリーさんは、セント・ジョンでヘッド・ベイカーをしていた頃にこのドーナッツを発明したという経緯があるのです。セント・ジョンの創設オーナー、ファーガス・ヘンダーソンさんから全幅の信頼を置かれていた人物でもあり、イギリス人がどんなスイーツを求めているのかを知り尽くしている方、なのかもしれません ^^  なにせ週3000個以上を売り上げるそうですよ 😮

th_Bread Ahead Carnaby_8

ブレッド・アヘッドのドーナッツは、中に注入されているクリームの味がきわどいほどに上品で、無心にパクつきたくなる魔力を秘めたキケンなおやつ。塩キャラメルのドーナッツにはハニーコムのかけらがトッピングされていて、見た目もキュートでゴージャス。あれもこれもと迷ってしまいますが・・・とりあえず一つひとつ、制覇してくださいね!

21 Beak Street, London W1F 9PR

店名Bread Ahead, Beak Street
最寄り駅Oxford Circus / Piccadilly Circus
住所21 Beak Street, London W1F 9PR
電話番号
営業時間月〜金 7:30 – 20:00 土 9:30 – 20:00 日 10:30 – 19:00
URLhttps://www.breadahead.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す