キューティな田舎風ティールーム@Victoria

0

th_English Rose_banner

The English Rose  イングリッシュ・ローズ

ハブ駅でもあるヴィクトリア駅から歩いて少しの大通り沿いに、驚くべきことにラブリーな田舎ティールームが佇んでいます。名前も「English Rose」と、これまたベタなネーミング。すでに2011年頃からこの地にあると思われますが、詳細は定かではありません・・・最近改装したようで、以前とは趣も異なっているのでしょう。ロンドン市内では滅多に見かけない、イギリスの田舎風ティールーム。コッツウォルズのヴィレッジにいると錯覚してしまいそう外観、そしてインテリアのティールームで正統派のティー体験ができる貴重な場所です♡

th_English Rose_1

ここはどこ!? ロンドン・ヴィクトリア!

ジャムの小瓶が可愛い♡ お土産に喜ばれそう

ジャムの小瓶が可愛い♡ お土産に喜ばれそう

ティープレートを利用したアフタヌーン・ティー用の3段トレイも販売していると思われます

ティープレートを利用したアフタヌーン・ティー用の3段トレイも販売していると思われます

おそらくテーブル・サービスなのでしょうけど、サービスは遅いのでカウンターまで注文に行くほうがいいのかもしれません。メニューはこれまたイギリスの昔のカフェのまま。英国式朝食、サンドイッチ、スープ、ジャケット・ポテト、プラウマンズ・ランチ、チップスなどなど、懐かしさいっぱいです。ちょうど午後のお茶の時間に入ったのですが、アフタヌーン・ティーをシェアしているテーブルもあって興味津々。まぁ、予想通りさほどインスパイアされるような見た目ではなかったですけど、2名様用で26ポンドととてもお得なので、アフタヌーン・ティーのさわりだけ味わってみたい方にはうってつけ。もとより雰囲気は大変可愛らしいイングリッシュですので、お味に期待しなければ十分に楽しんでいただけるものと思われます^^

th_English Rose_4

内装もコンセプト通り!

th_English Rose_5

ラブリーー!!

カップ&ソーサーはもちろんヴィンテージで

カップ&ソーサーはもちろんヴィンテージで

デコレーションもベタです ^^

デコレーションもベタです ^^

さて、もうレビューが終わってしまいそうです(笑)。コンセプトは非常に明確です。イギリスらしい昔ながらのティールーム。そう、ロンドンにあるようでない、田舎風イングリッシュ・ティールーム。ロンドンにいながらにして、コッツウォルズや湖水地方のティールーム体験をしてみたい方は、ぜひこちらへ♪

ここはどこ!? ロンドン・ヴィクトリア!笑

ここはどこ!? ロンドン・ヴィクトリア!笑

4 Lower Grosvenor Place, London SW1W 0EJ

店名English Rose
最寄り駅Victoria
住所4 Lower Grosvenor Place, London SW1W 0EJ
電話番号020 7976 6280
営業時間月〜金 7:00 – 18:00 土 8:00 – 18:00 日 9:00 – 18:00
URLhttp://theenglishrosecafe.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す