中東オリジンのコーヒーハウスに敬意を

0

th_Jacobs the Angel_banner

Jacob the Angel  ジェイコブ・ザ・エンジェル

旧約聖書で「神と相撲をとって勝った者」として知られるヤコブの名を戴く小さなカフェは、コベント・ガーデン、ニールズ・ヤードの一画にあります。「Jacob the Angel」という店名は、直感でイスラエルの名の元となったこのヤコブさんから名付けられたのだと思ったのですが、実はイングランドで初めてのコーヒーハウス「エンジェル・イン」を経営していたユダヤ男性、ヤコブさんのストーリーからインスピレーションを得ているんですって!

イングランド初のコーヒーハウスは1651年の創業。調べてみるとオックスフォードにあるこちらのお店で、形は変わっても同じ敷地でカフェ営業中=現存しているようです。イングランドではユダヤ人男性が初めてコーヒーハウスを開いたとは、面白い! ちなみにロンドン初のコーヒーハウスは、その翌年にシティ・エリアに誕生しています。

喇叭を吹く天使が良い♡

喇叭を吹く天使が良い♡

さて、そのヤコブさんにあやかったこちらのロンドンの店は、お隣で大繁盛しているThe Barbaryや、チャイナ・タウンにあるThe Palomarといった当代きっての人気レストランの姉妹店として、大きな注目を浴びつつ昨年夏オープンしました。

晴れた暖かい日は大きな窓のほとりで♪

晴れた暖かい日はニールズ・ヤードを見渡す特等席で♪

このレストラン・グループの飲食店があまりに好きすぎてw  オープンしたての頃にさっそく訪れたことがあるのですが、当時はまだデコレーションも椅子もテーブルも仮仕様といった趣で今とは全く違っていました。が、久しぶりに来てみるとすっかり内装が変わり、断然好みの雰囲気に♪  とても小さな店ですが、木のベンチと真鍮風のテーブルで居心地よくまとめられ、今のロンドンらしいアルチザンなこだわりが伝わってきて期待が高まります。

食材へのこだわりがウェブサイトで謳われています。小規模生産者から仕入れた国内産食材は環境への負荷の少ない方法で作られトレードされています。

食材へのこだわりがウェブサイトで謳われています。小規模生産者から仕入れた国内産食材は環境への負荷の少ない方法で作られトレードされています。

細長いスペース。

色使いが好きだなぁ♡

注文しようとカウンターへ行くと美味しそうなサンドイッチたちに目が釘付け♡ ポートベロー・マッシュルームとピーナッツバター・サテーとキムチとか、レッド・ペッパーとフェタ・チーズとパンプキン・シード・ペストとか、目新しいものもあって興味をそそります。パンも美味しそう♪ ランチ後の時間帯だったのでサラダ類はすでにほぼなくなっていましたが、ここのシェフは中東風フュージョン料理を得意としているので、きっと面白い食材の組み合わせを楽しめるに違いありません。

デーツとカシューナッツのケーキ。コーヒーはスクエアマイル☆

デーツとカシューナッツのケーキ。コーヒーはスクエアマイル☆

お茶受けに選んでみたのはデーツとカシューナッツのケーキ。これは見たまんまで(笑)グルテン・フリーのオプションとしてあったみたいです。もそもそした口当たりだったので、ぜひ今度はシグニチャーであるココナッツ・クリーム・パイをいただいてみよう。一口サイズの甘味としては、タヒーニ入りマーマレードが1ポンドであります♪

暑く晴れ渡っていた今年のロンドンの夏。眩しい午後のひとときを素敵にリフレッシュしてくれたカフェです。

16A Neal’s Yard, London WC2H 9DP

店名Jacob the Angel
最寄り駅Covent Garden
住所16A Neal’s Yard, London WC2H 9DP
電話番号
営業時間月〜金 8:30 – 17:00 土・日 9:00 – 17:00
URLhttps://jacobtheangel.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す