ほのかなる文芸の薫りと珈琲のアロマ

0

th_Back on Track Coffee_banner

Back on Track Coffee  バック・オン・トラック・コーヒー

ハンサムなエドワーディアン調の建物に、美しいアーチを描くシックな黒い窓枠、そこから垂れ下がる機関車のロゴが入った楽しげな看板・・・マリルボーン内Wimpole Street沿いに、通りから見ていると無性に入りたくなる魅惑的なカフェがあります。

なかなかハンサムなカフェでしょう?

なかなかハンサムなカフェでしょう?

カフェ正面の上には「Barretts of Wimpole Street」の文字が。これは詩人のロバート・ブラウニングとエリザベス・バレット夫妻のロマンスを描いた演劇『The Barretts of Wimpole Street』(ウィンポール通りのバレット家)にちなんだ名称で、かつてエリザベス・バレットが家族とともに1838年から1846年までWimpole Street 50番地に住んでいたことに由来しているのだとか。演劇が発表された1930年以降、この通りは一躍有名になったのだそうです。

でも、1930年以前からWimpole Streetは文学作品に登場していました。1814年に発表されたジェーン・オースチンの『マンスフィールド・パーク』の登場人物が住んでいたり、1912年に発表されたバーナード・ショーの戯曲『ピグマリオン』のヒギンズ博士が住んだ通りにも設定されているのです。その後はモンティ・パイソンのスケッチに登場したり、さらにはポール・マッカートニーが当時のガールフレンドの家族と一緒に57番地に住んでいたことがあったりと、Wimpole Streetにまつわる逸話は、探せば探すほど出てきそうです ^^

エスプレッソ濃いめのプロパーな一杯。

エスプレッソ濃いめのプロパーな一杯。

そういった背景があるからか・・・当カフェのFacebookページを見ると、なぜかベネディクト・カンバーバッチさんが今年秋に訪れています^^  演劇的な興味があったのかもしれませんね(カフェの近くに文芸エージェンシーがあり、当カフェがスタッフの溜まり場との情報も^^)。ただ個人的には店内インテリアは外観ほど魅力的ではないと感じたのが残念。外から見るほど落ち着ける雰囲気ではないと言う方が的を得ているでしょうか。天井の高い部分に電車の模型を飾るなど鉄道をテーマにしたコンセプトで統一しているようですが、私は模型には気づきませんでした・・・!

あまり長居はできない雰囲気w

あまり長居はできない雰囲気w

とはいえ・・・コーヒーも通常レベルで美味しく、なぜかBack on Track Sushiの名前で寿司メニューを出していることも人気の秘密のようで・・・(!)2014年春のオープン以来、常連さんの心をがっつりと捉えているようです。

3A Wimpole Street, London W1G 9SF

店名Back on Track Coffee
最寄り駅Bond Street / Oxford Circus
住所3A Wimpole Street, London W1G 9SF
電話番号020 7183 8578
営業時間月〜金 8:00 – 17:00
URLhttps://www.facebook.com/backontrackcoffee/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

Leave A Reply