桃色に染まるロココなティーを♪

0

th_Wallace Restaurant_banner

The Wallace Restaurant   ウォレス・レストラン

マリルボーンにあるWallace Collectionと言えば、英国でも指折りのフランスを中心とした絵画&美術・調度品コレクションを誇るエレガントな美術館です。特に18、19世紀の絵画コレクションとフランス・セーブル磁器のコレクションは出色。ポンパドゥール夫人や王妃マリー・アントワネットが使っていた調度品まで収集されていて、フランス好きの方ならよりいっそう楽しめるはず。「今日の気分はなんとなくロココだわ〜」と感じたときは、Manchester Squareの隠れ家、ウォレス・コレクションへぜひ♪

マリルボーンの静か〜な一画にあるギャラリー

マリルボーンの静か〜な一角にあるギャラリー

そして美術鑑賞の後は・・・やはりカフェでホッと一息つきたいところ^^   18世紀に建造された貴族のタウンハウスだった当館は、1900年には早くも美術館として公開されています。その1世紀後の2000年に、コートヤードの高い天井を利用してガラス張りの吹き抜け空間が作られ、自然光あふれるテラス・カフェが誕生しました。現在は美術館など公共施設を中心に展開しているブランド、Peyton & Byrneがカフェ・レストランを経営し、優雅なアフタヌーン・ティーやランチ、金・土はディナーも提供しています。

このコートヤードはピンク色の壁になんとなくソワソワしてしまうスペースなのですが 笑・・・これもフランスの貴婦人たちをイメージした結果でしょうか?^^   ギャラリー空間のクラシカルな重厚さとは対照的に、カウンターやテーブル&チェアはとてもコンテンポラリーなデザイン。カフェとレストランに分かれていてメニューも違うので、軽食をお望みならカフェ・サイドへどうぞ。

パンは別注文ですが、注文する価値あり! スープも美味しかったですよ ^^

パンは別注文ですが、注文する価値あり! スープも美味しかったですよ ^^

こちらはラムとバーリーの煮込み!

こちらはラムとバーリーの煮込み! グッド・チョイス。

チョコレート・ムースとピーチ・ソルベだったかな。問題なく完食♡

チョコレート・ムースとピーチ・ソルベだったかな。問題なく完食♡ ここのアフタヌーン・ティーは人気ですよね〜

ほんのりとフランス的な要素が感じられるカフェ・メニューは、それでも現代のトレンドを反映してアボカドとトマトのサラダやキヌアのサラダといったヘルシー志向も採り入れています。ハウス・サンドイッチと言ってもいいチキンとベーコンのサンドイッチは、もちろんコールマンではなくディション・マスタードが味のアクセントに。温かいお皿にはスープや煮込み料理が用意され、リーズナブルに小腹を満たすことができます。

ウォレス・コレクションは大晦日、お正月も元旦から無料でオープン!  新年を美術鑑賞で華やかにスタートするのも乙なものです ^^

Manchester Square, London W1U 3BN

店名The Wallace Restaurant
最寄り駅Bond Street
住所Manchester Square, London W1U 3BN
電話番号020 7563 9505
営業時間日〜木 10:00 – 17:00 金・土 10:00 – 23:00
URLhttps://www.wallacecollection.org/visit/food-and-drink/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す