光みちるコミュニティ・オアシス

0

th_Maison Bleue Canteen_banner

Maison Bleue Canteen  メゾン・ブルー・カンティーン

オープン以来、ローカルの間で絶大な人気を誇るイズリントンのカフェ、Maison d’Etreの姉妹店がついに誕生!  ハイバリー&イズリントン駅から歩いてすぐ、一号店から歩いて5分程度のスープの冷めない距離♪ さっそく行って参りました。

目が覚めるようなブルー!

目が覚めるようなブルー!

気持ちの良い空気が流れております ^^

気持ちの良い空気が流れております ^^

1号店がハイバリー・コーナーという目まぐるしいラウンドアバウトに面しているのに比べ、こちらは閑静な住宅街の中。お店の広さも全然違います。1号店は細長いレイアウトのこぢんまりとした空間ですが、こちらは天井の高さもさることながら、大きな窓が上から下まで壁いっぱいに開けていて、明るく清潔で開放感たっぷりのスペース。構造的に元パブなのかなと思うのですが、とても上手に変身させていると思います^^

バゲット・サンドやソーセージ・ロール。軽食メニューはフレンチ&イングリッシュのミックスです。

バゲット・サンドやソーセージ・ロール。軽食メニューはフレンチ&イングリッシュのミックスです。

フード・メニューは今のところとてもシンプルで、日替わりメニューのほか、ハムのバゲット・サンドやチーズ&ンドゥーヤのトースティー、フレンチ・トーストのフルーツ・コンポート添え、グラノーラ+グリーク・ヨーグルトなどが定番。この日の日替わりメニューはトスカーナ地方の郷土料理、リボリータでした♡

身体に美味しさが染み渡った素朴なリボリータ。

身体に美味しさが染み渡った素朴なリボリータ。

お料理は基本、キムさんが作るみたいです ^^  ケーキ類はキムさんと日本人シェフの共同作業!

お料理は基本、キムさんのレシピみたいです ^^ ケーキ類はキムさんと日本人シェフの共同作業!

リボリータは豆と野菜とパンを煮込んだ簡単な料理ですが、この日いただいたリボリータの美味しかったこと。スープの味わい深さ、塩加減、野菜の煮具合が完璧で、食べるほどに身体に力が沸いてくるような感覚を覚えます。そして際立っていたのが特製クルトンの美味しさ! ここではパンを煮込まずにクルトンの状態で出してくれるのですが、これをスープに浸しながらゆっくりいただくのは至福。軽い酸味を伴ったサワードゥ・ブレッドならではの味わいがクルトン状になることでさらに旨味を増していました。

ケーキ美味しそう♡

安心の自家製ケーキ、ビーガン向けも多種類あります!

ケーキ類は1号店と同様、上質素材を使ったホームベイクで優しいお味♡ ビーガン、グルテン・フリー、デイリー・フリー、すべて明記されているのでアレルギーのある方でも安心してすぐに選べます。

この日、たまたま天気だったんですがw ケーキが生き生きして見えますな。

この日、たまたま晴れだったんですがw ケーキが生き生きして見えますな。

悩みに悩んだ末にw・・・この日のデザートはチョコレート&マンダリンのスポンジ・ケーキに♪  見た目通り、しっとり風味豊かなケーキは紅茶ともよく合い、幸せなひとときを過ごさせていただきました^^

幸せの味♪

幸せの味♪

顔見知りでもあるオーナーのキムさんと少しお話ししたのですが、彼女は今お腹に光を宿し、以前にも増してキラキラと輝いていました♡  美味しいコーヒーと軽食をお目当てにしているだけでなく、彼女の人柄を慕って多くの常連さんがメゾン・デトレに通っています。そこから溢れ出たお客さんは、きっとこちらに流れてくるでしょう。地下のキッチンでは熟練の日本人シェフが彼女をサポート。多方面で気配りの行き届いた上質カフェの2号店登場で、またこのエリアも活性化されるに違いありません。

th_Maison Bleue Canteen_9

2月には新しいシェフを迎え、週末だけディナーも提供する計画があるそうです。乞うご期待♪

19 Calabria Road, London N5 1JB

店名Maison Bleue Canteen
最寄り駅Highbury & Islington
住所19 Calabria Road, London N5 1JB
電話番号
営業時間月・水〜金 8:00 – 17:00 土・日 10:00 – 17:00
URLhttps://www.facebook.com/Maison-Bleue-Canteen-1924149304348311/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す