手作り主義! 個性あるカフェごはん

0

th_Food Room_banner

Food Room  フード・ルーム

北ロンドンのハイゲートで“待望”と言っていい本格的な手作りカフェの登場・・・と思ったら、すでに2016年末にオープンしていたようです。ハイゲート駅のすぐ近くなので、待ち合わせなどにもぴったり。コーヒータイムにも使えますが、イチオシはオープン以来あまり変わっていないらしく見える定番のカフェごはんです。チームはケータリングもしているようなので、やはり食事のエキスパートによるカフェ経営のようですね。

バス通りのArchway Road沿い。すぐに見つかります。

バス通りのArchway Road沿い。すぐに見つかります。

モダンとノスタルジーが共存♪

モダンとノスタルジーが共存♪

店内に入ってまず感じるのは、そのインテリアの温もり。手作り感あふれるミックス&マッチの木製家具、 誰かの家の居間のように飾られた壁、積み上げられたペーパーバック・・・。醸し出される雰囲気はカフェの個性=醍醐味であり、オーナーさんの意識の反映なので、そういう意味では歓迎ムードあふれる大変居心地のよい店だと思います^^

メニューは短いですが、シェフの創意工夫が感じられるユニークなものがたくさん。最近ロンドンで流行っている「このメニューを入れておけば間違いなし」という無難路線とは一線を画しています(例えばアボカドをのせたトーストとかエッグ・ベネディクトとか・・・)。

コーヒー、美味しかったですよ! ケーキもいろいろありました。

コーヒー、美味しかったですよ! ケーキもいろいろありました。

フル・ベジ・ブレックファスト! 身体に力が湧いてきそうな彩り♪

フル・ベジ・ブレックファスト! 身体に力が湧いてきそうな彩り♪

私がこの日いただいたのはベジタリアン・ブレックファスト。赤ピーマン入りのフムスを塗ったバゲット、スイート・ポテトのハッシュブラウン、ハロウミ・チーズやポートベロー・マッシュルーム、そしてアスパラガスのグリルまで添えられた豪華版。もちろんポーチされた卵も!  友人が選んだのはチキン・シュニッツェルをメインにアボカドやハリッサ入りマヨネーズなどを挟んだボリュームたっぷりのサンドイッチです。少しいただきましたが、チキンも美味しくハリッサの風味と相まってとても美味しかったです♪

ボリュームたっぷり! チキン・シュニッツェルのサンドイッチ! ハリッサ・マヨが決め手です♪

ボリュームたっぷり! チキン・シュニッツェルのサンドイッチ! ハリッサ・マヨが決め手です♪

その他、気になったメニューは「スイート・ポテトのロースト、アボカド、レッド・チリ、枝豆、フェタ・チーズ、ポーチした卵」などの文字が並ぶサラダ風の一品。実はベジタリアン・ブレックファストかこれか、どちらにしようかすごく迷った一品。隣のテーブルに座った人が食べていたのですが、あまりに美味しそうな様子だったので材料をもとに家で再現してみました(笑)。そして・・・このコンビネーションがすごく美味しいことを発見! 次回訪れた時には絶対にこれを注文する予定。やはりシェフによる作品をいただいてみたい♡

定番のイングリッシュ・ブレックファストや他のメニューにも使われているベイクド・ビーンズは自家製。パスタにグルテン・フリーのものを用意するなど、お客さんの立場に立ってメニューを考えるというトレンドも反映しています。シェフの哲学がしっかりと感じられるカフェ。北ロンドンに来られた時はぜひ♪

305 Archway Road, London N6 5AA

店名Food Room
最寄り駅Highgate
住所305 Archway Road, London N6 5AA
電話番号020 8340 4092
営業時間火〜金 7:30 – 17:00 土・日 9:00 – 17:00
URLhttps://www.foodroom305.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す