カメリア・シネンシスのささやきに耳を澄まして

0

th_Camellias Tea House_banner

Camellias Tea House  カメリアズ・ティー・ハウス

リーフ・ティーを愛する方なら、緑茶や紅茶を含むほとんどのお茶が「カメリア・シネンシス」という樹木から作られていることをご存知だと思います。カメリアズ・ティー・ハウスの名前は、その偉大なる樹に敬意を表し、オーナーであるティー・マイスターとホメオパスの兄妹デュオが付けた名前。

お茶を飲むというごく日常的な楽しみから、私たちの健康を促進することができないか。そんな哲学が創業のストーリーとして語られます。2007年の創業当時はティーンたちの聖地、カーナビー・エリアにあるキングリー・コート内にありましたが、昨年くらいに世界有数の観光名所でもある大英博物館前に堂々と引っ越しし、その健在ぶりを見せつけてくれました。カメリア・シネンシスを意識してか、お店はグリーンで統一されています^^

大英博物館の目の前! 旅行者も多いですが、地元の方も利用しています ^^

大英博物館の目の前! 旅行者も多いですが、地元の方も利用しています ^^

昨年秋頃にのぞいたときは、カウンターの上にところ狭しとケーキ類が並んでいたのですが、先日訪れてみると、すっかりスッキリとした様相になっていました。お菓子類がケース内に仕舞われただけかもしれませんが、実はケーキなどで目を誤魔化さなくとも、お茶だけで十分に勝負できる、そんなふうに宣言しているようにも見えるほど、店内にはお茶、お茶、そしてお茶! ティールームでありながら、以前と同様、ショップも兼ねているのです。

この様子からは分からなけれど、ケーキ類は割といっぱいあります。

この様子からは分からなけれど、ケーキ類は割といっぱいあります。

そして、お茶にはスコーンですよね^^  2名でクリーム・ティーを一セットとお茶を一つ注文してみましたら、なぜかスコーンが3つで登場! 10ポンドちょっとするものではありますが、ちょっと得した気分。少し小ぶりのスコーンは私好みのビスケット・タイプではなく、どちらかというとパンのような食感タイプだったのですが、十分に美味しくいただけました。

パンのような食感のスコーン。これはクロテッド・クリームをたくさんつけたくなる〜w

パンのような食感のスコーン。これはクロテッド・クリームをたくさんつけたくなる〜w

左下は友人が頼んでいたローズ・ティー! きれい!(ローズにピントが合ってなくて申し訳ないす)

左下は友人が頼んでいたローズ・ティー! きれい!(ローズにピントが合ってなくて申し訳ないす)

茶葉の種類は豊富です。ホメオパスであり、薬草にも詳しいオーナーのルブナ・メイダンさんによると、彼女自身がカフェでカモミールやミントなどのシングル・ティーを注文することに飽き飽きしてしまったからと、創業の理由を語っています。自分ならば、もっともっと豊かな香りで健康に良いお茶をブレンドできると。緑茶や紅茶には抗酸化作用のあるフラボノイドだけでなく、ビタミンC、B、Eなどのビタミン類も含まれているそうです。1日に数杯のお茶は、確実に健康を促進しそうです^^

スタッフもお茶の知識は豊富なはず(聞かなかったけど)

スタッフもお茶の知識は豊富なはず(聞かなかったけど)

お茶の蒸らし時間は砂時計が教えてくれます。

お茶の蒸らし時間は砂時計が教えてくれます。ロンドン土産にもぴったり^^

地下にも部屋があるのですが、雰囲気は断然1階の方がいいと思います。週末は混雑覚悟で。アフタヌーン・ティーは朝10時から!

地下にも部屋があるのですが、雰囲気は断然1階の方がいいと思います。週末は混雑覚悟で。アフタヌーン・ティーは朝10時から! 

何より、ここの茶葉は全て手でブレンドされていて、パッケージも手作りのものが多いとのこと。ティー・ソムリエの養成講座も主催するなど、お茶への情熱は計り知れません。日常的にいただくお茶に秘められた、奥深い歴史と文化。そんな背景に思いを馳せながら、今日も一杯のお茶をいただきましょう♪

64 Great Russell Street, London WC1B 3BL

店名Camellia’s Tea House
最寄り駅Holborn / Tottenham Court Road
住所64 Great Russell Street, London WC1B 3BL
電話番号020 7242 2308
営業時間月〜土 10:00 – 19:00 日 11:00 – 18:00
URLhttps://www.camelliasteahouse.com/tea-house/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す