コミュニティの中心で愛を叫ぶ

0

th_But First Coffee_banner

But First Coffee  バット・ファースト・コーヒー

「まぁ、まずはコーヒーでも一杯」。

店名どおりのゆったり感が心地よい、センスのいい小さなコーヒーショップが北ロンドンの鉄道Harringay駅前にあります。

ひっそりと登場したのが4、5年前。ごく狭いスペースをこれしかないという絶妙の間取りでレイアウトし、北欧モダンを思わせる現代感覚でデコレーションした憩い空間。平日朝はハリンゲイ駅からシティへと向かう通勤客が朝一番のコーヒーをゲットする場所として賑わい、午後にかけてはママたちやフリーランスの人々が思い思いの時間を過ごすのに欠かせない人気カフェに。それが、次第にご近所さんだけでなく、ロンドン中のコーヒー好き、カフェ好きの知るところとなっていったのです・・・!  こんなマイナーな場所にある小さなカフェが、でもどうして?

表にもいくつか座れる場所があります♪

表にもいくつか座れる場所があります♪  そこも重要なコミュニケーションの場。私が座っている間もご近所さんたちの話し声が絶えませんでした。

扇型のコミューナル・テーブルが素敵♡

扇型のコミューナル・テーブルが素敵♡

それはまず、このカフェの店主マットさんの温かくチャーミングな人柄に絶対的に依るところが大きいのでしょうし、オゾン・コーヒー豆のカプチーノがこだわり屋さんをも唸らせる上質クオリティだからとか、いろんな理由があるのでしょうが、もう一つとても大切な理由があります。それはバット・ファーストが、コミュニティの中核としての役割を劇的に果たすようになったからです。

カプチーノとデニッシュでイレブンジズ。レモン・デニッシュが美味しい!

カプチーノとデニッシュでイレブンジズ。レモン・アイシングがかかったデニッシュ「コペンハーゲン」が美味しい! おすすめ!

ペイストリー類は

大人気のペイストリー類は信頼おける小規模ベーカリーのものを置いているのだとか。トースティーもあります。

マットさんの人柄が地域の人々の心に灯りをともし、相互扶助を促しているのかもしれません。近所に住む友人によると「このカフェを中心にいろんな情報が交換され、カフェ外での交流も生まれている。店主はもちろん、ここにやってくる他の住人も弱者を助けようという精神が素晴らしいんだ。コミュニティ・カフェのお手本のような場所だよ」。

コミュニティを温かく見守るオーナーのマットさん。目配りがきく方なのですね〜

コミュニティを温かく見守るオーナーのマットさん。目配りがきく方なのですね〜 ^^   バット・ファーストはこれまでに何度も著名な雑誌で取り上げられたそうですよ。

従業員の方も生き生き。ともかく平日朝から賑わってます!

スタッフの方も生き生き。ともかく平日朝から賑わってます!

コーヒーのお味? カプチーノを頼んでみましたが、私の好きなコクのある芳醇なタイプでミルクとのバランスも完璧。友人によるとやはりマットさんが淹れるコーヒーが一番美味しいのだとか^^

But First…Coffee。忙しい現代人に語りかけてくるような店名も絶妙。こんなカフェがご近所にあったら、やっぱり通っちゃうかも^^  ハリンゲイ周辺に来られることがあれば、ぜひぜひ楽しげな様子をのぞきにきてくださいね。

43 Quernmore Road, London N4 4QP

店名But First Coffee
最寄り駅Harringay / Harringay Green Lanes
住所43 Quernmore Road, London N4 4QP
電話番号
営業時間月〜金 7:00 – 16:00 土・日 9:00 – 13:00
URLhttps://www.facebook.com/ButFirstCoffee.London/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す