旬のコミュニティを潤すオーガニック・ベーキング

0

Brunswick East Bakehouse  ブランズウィック・イースト・ベイクハウス

ロンドン東部にはどんどん新しいカフェやレストランができていて、もう追いつけない〜という焦りがあるのですが^^;  気になったところにはなるべく足を運ぶようにしています。本日ご紹介するカフェも、そんなトレンディを絵に描いたような現代的スペース。昨年、産声をあげました。

Hackney Downs Studios! 夏には屋外マーケットで賑わいます♪

クリエイティブ・スタジオが入ったビル。楽しそうな雰囲気☆

ここは独立系オフィスやスタジオが集まるコミュニティ「Hackney Downs Studios」の一画です。 Hackney Downs Studiosはクリエイティブな仕事をする人々にコワーキング・スペースを提供しているほか、クラフトのワークショップやマーケットを主宰するコミュニティ・ハブとして機能する魅惑的な場所。アーティスト同士が密に交流すれば、それだけで作品作りへの刺激になりそう^^  その敷地の一画あるのが、Brunswick East Bakehouse!

広い空間! イーストならでは ^^

オリジナルのBrunswick Eastはすでに2015年にダルストンに登場していて、隠れ家的なロケーションも相まって大人気。オーストラリア人オーナーさんならではの工夫あるヘルシー・メニューで人々の心をつかんでいるのです。こちらのベイクハウスでは、お皿にのる全ての料理をゼロから手作りするという理念のもとに運営されているので、そのコンセプトがさらに進化しています。ウェアハウス然とした広々とした店内ではオーガニック小麦やライ麦を使ったサワードゥ・ブレッドが毎日焼かれ、キビキビとした店員さんが楽しそうに働いています。

スイーツも味見してみたかったけど、時間がなかったぁ〜

コミューナル・テーブルも大きいです!

ただのカフェとは思えない一捻りあるメニューが並ぶ中で、ローストしたキクイモのピュレ、カリフラワーやロマネスコにウズラの卵がのっかった「オータム・ルーツ」(自家製サワードゥ・フラットブレッド付き)、スイスチャードのグラタン付きの「ベイクド・エッグ」を注文。どちらも想像していた料理とは全く違う様子で登場し、いい意味で期待を裏切られました^^

こちらがベイクド・エッグ! 卵がグラタンの下に隠れてます♪

オータム・ルーツ! レストランの味。フラットブレッドよりも、普通のサワードゥがあってると思う^^

「オータム・ルーツ」はほとんどレストランの前菜のような佇まい。味は繊細で美味しかったのですが、独立したランチとして一人でこれだけ食べ続けるには味が単調になりがちなので、一工夫欲しかったかもしれません。ベイクド・エッグの方は野菜もたっぷりでなかなか良いバランスです ^^

広〜! 5時頃には誰もいなくなります。

時間が遅くてコーヒーを注文する時間がなかったのが残念ですが、人気の理由がわかる素敵なカフェでした ^^ 半日ここで仕事をしていても、きっと自由にいさせてくれそうな、そんな予感のする懐深さも感じます。

ベイクハウスだけにパンやケーキも充実! マルチシードのサワードゥ・ブレッドを購入して帰ったのですが、とても美味しくいただきました♪

47-317 Amhurst Terrace, London E8 2BT

店名Brunswick East Bakehouse
最寄り駅Rectory Road / Dalston Kingsland / Hackney Downs
住所47-317 Amhurst Terrace, London E8 2BT
電話番号020 7749 1780
営業時間月〜土 8:00 – 17:00 土・日 9:00 – 17:00
URLhttps://www.brunswickeast.london
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

Leave A Reply