テムズ散歩がもっと楽しくなる爽やかカフェ

0

The Watch House Tower Bridge  ウォッチ・ハウス  タワー・ブリッジ

ロンドン・ブリッジ駅裏手から南東に伸びるバーモンジー・ストリートと言えば名店が軒を連ねるグルメ通りですが、その終着地点に小さな小さなカフェがあります。この通りを歩くたび、その魅力的な独立店の小さなスペースをのぞいてみるのですが、たいてい満席で座るチャンスがこれまでありませんでした。そして店の名前も知らないまま、いつも通りすぎることになり・・・

ある日、ロンドン・ブリッジ近辺でお茶をする約束をして、こちらのシャッド・テムズ沿いにあるカフェにやって来ました。名前はWatch House。後ほどウェブサイトで調べてみると、あの小さなカフェの2号店だというではないですか!

名前はオリジナル店の建物に由来しています。その昔、何世紀も前ですが、そこはバーモンジー・ストリート沿いにある教会墓地への侵入者を見張る詰所(Watch House)だったそうですよ。だから、店内がまるい形をしているのです^^

Shad Thamesのこの風景、いつ来ても大好きだなぁ♡

一方のシャッド・テムズのこちらは、元スパイス倉庫を改装したお店。オリジナル店と違ってとにかく広い! そしてお店に入るとすぐお菓子の並ぶカウンターがあり、こちらにも目が釘付け! ぐるっと回った右手カウンターにもペイストリー類が並べてあったようですが、そちらはチェックせずじまい。カウンターがロの字型になっているので、たくさん商品を置くことができそうです。

店内入るとこの眺め!

最初に目に飛び込んできたのが、よりどりみどりのブラウニー類です。フルーツやナッツを焼き込んだもの、ピーナッツバターを焼き込んだもの、濃厚な触感のブロンディもいくつか・・・こんがり黄金色のブロンディは見た目に惹かれてときおり注文するのですが、実際に食べると後悔する確率が高い、強烈な甘さであることが多いのですが^^;  今回は大丈夫でした!

とにかく焼き菓子の数は多いです

ブルーベリー入りのブロンディ、そしてギネス入りチョコレート・ケーキをシェア♪  ブロンディは前述したように濃厚な味なので、日本人には3分の1くらいをシェアするのがいちばん。それからギネス・ケーキ。選択肢があるならチョコレート・ケーキはほとんど選ばない私ですが、ギネス・ケーキは別格! ギネスのおかげで甘さ控えめになり、味に深みのあるところが気に入っています。

スッキリとしたコンテンポラリーなデザイン。ちょっぴりオージー風。

カウンター内で働くの楽しそう♪

さて、オーナーさんがWatch Houseをオープンした主な動機は、コーヒーへの情熱にあったようです。ロンドンのサードウェーブ・コーヒーの薫陶を受け、アジア、アフリカ、南アメリカの三大陸を旅してさまざまなコーヒーを試したのだとか。そして行き着いたのがOzoneコーヒーにブレンドしてもらっている「EMPIRE」というブレンド。キャラメル風味を漂わせる甘さのあるリッチな味が特長だそうです^^

ブルーベリーのブロンディとギネス・ケーキ!

疲れたときにぴったりの組み合わせ。

私たちは試さなかったのですが、ここはキッチンで調理する本格的なブランチ・メニューも人気なのだそうです。確かにオージー風のコーンフリッターや中東のシャクシュカ、アメリカンなパンケーキなどなど、メニューにはロンドナーたちの大好物がズラリ^^  タワーブリッジやテムズ川沿いの散歩に来られることがあれば、ぜひぜひ立ち寄っていただきたい爽やかカフェです♪

店の奥にはパティオが広がっています。が、このお店は使えないみたい ^^;  店内ではジャムや蜂蜜などの瓶も販売しています。

ちなみに現在はクラーケンウェルとスピタルフィールズにもそれぞれ店舗を増やして、全部で市内に4店舗あります(クラーケンウェルではアルコールも扱ってます)。それでもインディペンデントな香りはまだまだ濃厚。店舗ごとにインテリアデザインも凝っているので、そこも見どころです!

37 Shad Thames, London SE1 3YR

店名he Watch House Tower Bridge
最寄り駅Tower Hill / London Bridge
住所37 Shad Thames, London SE1 3YR
電話番号020 7407 0000
営業時間月〜金 7:00 – 18:00 土・日 8:00 – 17:00
URLhttps://www.thewatchhouse.com/portfolio-item/tower-bridge/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

Leave A Reply