遊牧民が流れつく無国籍オアシスはぶっちぎりクール

0

Caravan Kings Cross  キャラバン・キングス・クロス

キングス・クロス裏手、リージェンツ・カナル沿いの元穀物倉庫の敷地にアート大学、セントラル・セント・マーチンズが引っ越してきたとき、真っ先に同じビルに入ったのが、このCaravan Kings Cross店でした。

Caravanといえば、クラーケンウェルのグルメ通り、Exmouth Marketにちょうど10年前に登場したコーヒーの専門店。いわゆるロンドンにおけるサードウェーブ・コーヒーの先駆けです。サードウェーブはオーストラリアやニュージーランドからやってきたもので、Caravanも創業者はコーヒーを知り尽くしたニュージーランド人。大成功を収めた後、2年後にこちら2号店をオープンしました。以来、キャラバン帝国は5店舗に拡大しています。

世界中の食材を使った、飽くなき食の冒険

 

どの店舗にも共通するのは、極めて洗練されたコンテンポラリー・テイストのインテリア。最新店はフィッツロヴィアにできていますが、こちらも巨大スペースをインダストリアル手法で風通しよくデコレーションし、デザイン・アイデンティティはしっかり統一。もともとのコンセプトは「ノマディック」で、これはニュージーランドが持つアイデンティティを表しているそうです。つまり大自然に生きるマオリの人々の文化、そしてイギリス連邦国としての側面などを融合させた「定まらない」カルチャー。荒野の中を淡々と移動する遊牧民のような・・・それがブランド名に反映されているんですね ^^

行列覚悟の人気店! 左はバー・エリアのカウンター席です

こちらはバー・エリアのテーブル席。予約なしで座れる可能性大。

さて、中でも私の一番のお気に入りは、こちらのキンス・クロス店です。メイン・ダイニングとバー・エリアに分かれているのですが、いつ行ってもぎゅうぎゅうの大盛況。行列は当たり前。私は未だにダイニングには座ったことがありません(予約しないとダメかも)。天井が通常の3倍ほど高いことで開放感が半端なく、オープンから8年経過した今も、どこかカリスマ的な高揚感が続いているんです。秘密はおそらくお客さんの層にもあると思うのですが(アート学生さんが多い)・・・特別な魅力を備えたお店であることは間違いないと思います。

Caravanと言えば、ロンドンでは産地との直接フェアトレード取引&自家焙煎コーヒーの専門店として知られていますが、もう一つの魅力は食事!  もともと無国籍料理で有名なThe Providoresのシェフを務めていた方が共同オーナーで、私はここの食事が大好き。エキゾチックな食材の組み合わせには、いつもインスパイアされるのです♡

ある日のランチ! サラダの中身がアドバンス〜&美味しい

こちらは公式SNSから拝借。何をいただいても驚きがあり、そして上手にまとまっていると思います ^^

いつもせわしないセミ・オープン・キッチン。ベーキングも素晴らしく、スコーンやパンケーキもぜひ試してみてください♡

さぁ、あなたはコーヒーとケーキにする? それともワインと無国籍小皿料理? 今は残念ながら店舗はクローズしているのですが(再オープンが待ち切れません!)、コーヒーはもちろん販売中。こちらのサイトで注文できるので、ロックダウン中にクオリティ・コーヒーを試したい方はぜひ♪   シグニチャーの「Market Blend」のキャッチコピーは「ラズベリー・ジャム&ミルク・チョコレート」。香りのノートを読んでいるだけで、無性に試したくなります。

1 Granary Square, London N1C 4AA

店名Caravan King’s Cross
最寄り駅Kings Cross and St Pancras
住所1 Granary Square, London N1C 4AA
電話番号020 7101 7661
営業時間月〜金 8:00 – 22:30 土 10:00 – 12:00 日 10:00 – 16:00
URLhttps://www.caravanrestaurants.co.uk/kings-cross.html
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

ウェブサイト

Leave A Reply