ベスト・タイミングで上質のお茶を飲もう

0

To a Tea  トゥー・エイ・ティー

店名は「どんぴしゃり」という意味のフレーズ「To a Tee」をもじったもの。

レッツ・ティータイム♪

レッツ・ティータイム♪

そう、ここはお茶を注文すると店員さんが淹れてくれて、ちょうどよい味加減になったところでお客さんにサーブしてくれるこだわりのティーハウスなのです。

プロが淹れてくれるお茶は最高

プロが淹れてくれるお茶は最高

茶葉が入ったままのティーポットのお茶が、時間が経つにつれて渋くなってしまうこともありません。おなじみのリーフ・ティー・レンジに加え、「モロッカン・インフュージョン」や「スパークリング・フルーツ」などのスペシャル・ティーも用意。暑い日にはりんご風味のダージリンや中国系のお茶をブレンドした「ロシアン・キャラバン」といったアイス・ティーがすっきりと喉を潤してくれるでしょう。

パッケージも可愛い

パッケージも可愛い

気に入ったお茶があればもちろん購入することも可能。サンドイッチやスープの軽食や、お茶に欠かせないケーキ類も多種類を用意。ホワイトを基調に、ピンクとグリーンでアクセントをつけた店内は清潔感にあふれ、あまり愛想のないファリンドン・ストリート沿いでほっと一息つくのに最適の場所です。

ランチどきは混み合う

ランチどきは混み合う

14 Farringdon Street, London EC4A 4AB

店名To a Tea
最寄り駅City Thameslink / Farringdon / Chancery Lane
住所14 Farringdon Street, London EC4A 4AB
電話番号020 7248 3498
営業時間月~金 07:00 - 17:30
URLhttp://www.toatea.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す