レストラン・クオリティのサルディニア・デリで満足ランチ

0

Sardo Cucina  サルド・クッチーナ

ウニやカラスミのパスタが食べられるサルディニア料理は日本人が大好きな料理ジャンルのひとつ。ウォレン・ストリート駅の近くにあるSardoは長らくロンドナーに親しまれている本格サルディニア・レストランですが、2010年末、その隣に同系列のサルディニア・カフェが誕生しました。

真っ赤なサッシが目印

真っ赤なサッシが目印

カウンターには美味しそうな惣菜がズラリ

カウンターには美味しそうな惣菜がズラリ

ランチどきに近所で働く人々が目指してくるのは、お隣のレストランと同じ食材を使って調理されたバラエティに富むデリ惣菜の数々。パニーニ・サンドやピザ・スライスなどの定番のほかに、各種サラダやスープ、パスタ、日替わりホット・ミールなど目移りしてしまう品数です。

新鮮そのもの

新鮮そのもの

迷ったらサルディニア料理の定番「マッロレッドゥス・パスタ」はいかが? もちもちのショート・パスタにトマト・ソースをからめ、ペコリーノ・チーズをかけて食べるのがサルディニア風。あるいはミートボール&マッシュ、ニョッキなどのオプションも。

サラダ盛り合わせ

サラダ盛り合わせ

これは1階奥のテーブル

これは1階奥のテーブル

地階に小さなダイニング・スペースがあるので、ゆっくり座って食べることも可能です。朝食やティータイムにはコーヒー好きイタリア人が支持するミシェラドーロ社のコーヒーと、イタリア風にアレンジした揚げ菓子クラッヘンやアップル・ケーキをどうぞ。そして隠れた人気を誇るジェラートは、アイスクリーム好きはぜひ試したいところ。フレーバーが凝縮された本格ジェラートで幸せタイムを楽しんで☆

 

112 Whitfield Street, London W1T 5EE

店名Sardo Cucina
最寄り駅Warren Street / Goodge Street Great Portland Street
住所112 Whitfield Street, London W1T 5EE
電話番号020 7383 3555
営業時間月~金 8:00 - 19:00
URLhttp://sardocucina.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す