女優さんが切り盛りするロンドン最古のフレンチ・パティスリー

0

Maison Bertaux メゾン・バトー

老舗と言われる店が多いソーホー内でも、1871年創業のメゾン・バトーはとびきり古いフレンチ・パティスリー。ロンドン最古のティールームの一つでありながら、何十年も変わらぬレシピを保ち続けている日本人の口にも合う美味しいケーキやパン、そして女優を兼ねている名物オーナー、ミシェルさんの人柄に惹かれて今日も常連さんや旅行者たちであふれています。

ロンドナーに愛される老舗

ロンドナーに愛される老舗

このキャラクター満載のティールームを切り盛りしているミシェルさんは14歳のときからウェイトレスとして同店で働き始め、26歳のとき、資金をかき集めて前オーナーから店を買い受けたという運命のオーナー。以来ずっと彼女流のやり方で運営してきました。

店の近くに芸術学校セント・マーチンズがあった頃は、故アレキサンダー・マックイーンやキャサリン・ハムネットらが常連として通ってきていたそうです。毎朝わざわざプリムローズ・ヒルからやってきてはおしゃべりを楽しみ、コーヒーを飲んで帰っていく弁護士さんもいるそうですよ ^^

色とりどりに美しい田舎風ケーキたち♪

色とりどりに美しい田舎風ケーキたち♪

さすがフレンチ系なのでクリームたっぷりが特徴。個人的にはタルト類がおすすめ☆

さすがフレンチ系なのでクリームたっぷりが特徴。個人的にはタルト類がおすすめ☆

店は最近流行りのモダナイズには全く興味ないといったふうで、60年代、70年代の雰囲気をそのまま残しているところも味があり、昔ながらのレシピを使ったゴージャスなフレンチ・ケーキをしっかり濃いコーヒーや茶葉で入れる紅茶で楽しむことができます。

2階席は雰囲気たっぷり。夜10時半まで営業しているので食後のお茶処にもぴったり

2階席は雰囲気たっぷり。夜10時半まで営業しているので食後のお茶処にもぴったり

ケーキは本当に、どれを食べても安心できる美味しさです。決して洗練されているわけではないですが、昔ながらのレシピを守った、熟練の職人さんによる味。私好みのタルトはもちろん、クリームたっぷりの白いモンブランや、フレッシュ・クリームに癒されるサントノーレやフルーツ・エクレアなど、軽い食感のケーキがお好きな方にもぜひ試していただきたい定番ラインナップが毎日店頭に並びます♪(でも、シュー生地はしっかりと歯ごたえあり)

クロワッサンも名物の一つ。焼き立てを食べると他店のものが食べられなくなる☆

クロワッサンも名物の一つ。焼き立てを食べると他店のものが食べられなくなる☆

パリ・コミューンのフランス人亡命者が創業した当店だけに、ミシェルさんもその哲学に倣へとユーゴスラビア紛争などで国を追われた人々に職を与える手助けもしているとか。このロンドン最古のティールームが、もしもミシェルさんというとびきりのパフォーマー経営者を得ていなかったとしたら、これほど人々に愛される店には成長していなかったかも、そんなふうに思わせる、いつまでもそこにあってほしいソーホーの名物カフェなのです。

 

28 Greek Street, London W1D 5DQ

店名Maison Bertaux
最寄り駅Tottenham Court Road / Leicester Square
住所28 Greek Street, London W1D 5DQ
電話番号020 7437 6007
営業時間月〜土 9:00 - 22:30 日 9:00 - 20:00
URLhttp://www.maisonbertaux.com/maisonbertaux.com/Maison_Bertaux.html
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す