シックな顔したクオリティ・ペルシャ・カフェ

1

Gitane ジタン

カウンターで魅せるロンドンのトレンディ・カフェの基本を守っている

カウンターで魅せるロンドンのトレンディ・カフェの基本を守っている

ちょっと気障で男臭いフランス煙草の銘柄というイメージがある「ジタン」ですが、本来の意味である「ジプシー女」からイメージを膨らませ、「異文化を経験し続ける放浪の旅人」というボヘミアンなロマンがにじむ命名をしたのは、当カフェのイラン人オーナー夫妻。書体も放浪の旅人っぽくてなかなかカッコいいですよね。

せいじ色とラベンダーのカラー・スキームが渋くていい♪

せいじ色とラベンダーのカラー・スキームが渋くていい♪

カントリー・シックな風情に思わず引き寄せられるジタンは、フィッツロヴィアのど真中、Great Titchfield Street沿いにあるペルシャ・カフェです。共同オーナーのバーマンさんは2008年にロンドンへとやってきて経営修士を取り、経営コンサルタントとしてシティで働いていましたが、実家がテヘランでは有名なケバブ・ハウスを経営していることも手伝って「レバノン料理とペルシャ料理の違いもよく分かっていないロンドナーに、伝統的なペルシャの家庭料理を紹介したい」という思いを妻のネガールさんと分かち合い、2012年10月に当店をオープンしました。

奥のダイニング席のテーブル&チェアが好き☆

奥のダイニング席のテーブル&チェアが好き☆

ランチ・メニューは基本週変わり。日替わりメイン・ディッシュはウェブサイトでチェック!

ランチ・メニューは基本週変わり。日替わりメイン・ディッシュはウェブサイトでチェック! 
サンドイッチも美味しそう〜

午前中は西洋風のサンドイッチやポリッジなどの朝食を出していますが、ランチタイムになると、ハーブやホウレンソウがたっぷり入ったペルシャ風キッシュ「Kuku Sabzi」、サフラン・ライスでナスを挟んでベイクした「Tachin」、タマリンド&フェヌグリーク・ソースを添えたロースト・サーモン&サフラン・ライスといったペルシャの家庭料理をメインに、彩り豊かな各種サラダを添えるゴージャスなランチをいただくことができます♪

盛りはけっこう多いです。ベジ・メインとサラダ2種で8ポンド☆ いろんな組み合わせが可能なので自分のお皿を構築してみて

盛りはけっこういいです。ベジ・メインとサラダ2種で8ポンド☆ 
いろんな組み合わせが可能なので自分のお皿を構築してみて♪ 
でも美味しそうに見えるターチン/Tachinは日本人の舌に合うがどうか微妙(汗

週代わりメニューは週始めに日替わりメインやウィークリー・サラダがホームページに掲載されるので、ぜひ事前チェックして行ってみてください。おすすめはハーブの味をしっかり感じられるペルシャ風キッシュやロースト・サーモンなど。サラダはメインに添えることを前提としているのでお味のほうは少し薄味かも。

焼き菓子は今度試してみマース♪ Ozoneのコーヒーは苦め旨い

焼き菓子は今度試してみマース♪ Ozoneのコーヒーは苦め旨い

午後は素敵な焼き菓子とニュージーランド発のアルチザン・コーヒー・ロースタリーとして知られるOzoneコーヒーでのんびりティータイムを。コンテンポラリーなペルシャ風にまとめられた店内は居心地がいいので、ついつい長居をしてしまいそう。

つい最近2周年を迎えたばかりのジタン。ご近所で働くロンドナーたちにも評判がよく、じわじわと地域に浸透してきている良質ランチ処です♪

60 Great Titchfield Street, London W1W 7QF

店名Gitane
最寄り駅Oxford Circus / Goodge Street
住所60 Great Titchfield Street, London W1W 7QF
電話番号020 7631 5269
営業時間月〜金 8:00 - 18:00 土 9:00 - 17:00
URLhttp://www.gitanelondon.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

1件のコメント

コメントを残す