ブルースロックが響くポッシュなファンキー・デリ

0

th_BlackTruffle_banner

Black Truffle   ブラック・トリュフ

ベルサイズ・パークにあるショッピング・ストリート、England’s Laneには高級住宅地にふさわしいクオリティ・デリカテッセンが長らくなかったのですが、2013年春、満を持してブラック・トリュフが登場。オープン直後からまたたくまに人気者に☆

黒地にブラック・トリュフの金文字の、しぶ〜い店構え

黒地にブラック・トリュフの金文字の、しぶ〜い店構え

人気の理由はコルドン・ブルー出身のシェフたちが作るというデリ惣菜、サンドイッチ類、焼き菓子やパンが美しく高品質なことに加えて、お値段がそこそこ手頃なこと。加えて扱っているハムやチーズ、グローサリー類は小規模生産者による最高級品ですが、元シェフのオーナー、ベン・オトゥールさんの気取らない人柄のせいか、敷居が低くて通いやすいことなども人が集まってくる理由です。

店は細長くて奥にも商品が陳列されている

店は細長くて奥にも商品が陳列されている

温かい惣菜やスープもあるのでご近所さんはぜひ試してみて

温かい惣菜やスープもあるのでご近所さんはぜひ試してみて

イタリア風オムレツのフリッタータは、見た目は完璧でしたが味のメリハリに欠けたので、スパイスやチーズなどでアクセントをつける必要あり。サラダも全体的に薄味ですがとても丁寧に作られている印象で、テーブルの上に置いてある有機エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルやバルサミコ、塩胡椒で味を整えればいいのかなと。もちろんハムやチーズ入りのサンドイッチは素材がいいだけにとても美味しいと思われます☆

焼き菓子類はジョージアさんというペイストリー・シェフによる作品

焼き菓子類はジョージアさんというペイストリー・シェフによる作品

「デリカテッセン&コーヒーハウス」と唄われている通り、コーヒーへのこだわりも人一倍。ロンドン市内のアルチザン・コーヒー・ロースタリーを徹底比較し、最もその姿勢と味に共鳴したClimpson & Sonsの豆を使って淹れられる薫り高いコーヒーは、ご近所のカフェGinger & Whiteと人気を二分しています。

ベンさんの趣味なのか、渋めブルースロックやギターロックが流れる店内は、すぐ近くにあるファイン・アーツ・カレッジのファンキーな学生たちであふれかえり、ここだけ妙な活気があるんですよね ^^ 不思議な雰囲気のデリカテッセンでした♪

41 England’s Lane, London NW3 4YD

店名Black Truffle
最寄り駅Belsize Park / Chalk Farm
住所41 England’s Lane, London NW3 4YD
電話番号020 7483 1623
営業時間月〜金 7:30 - 20:00 土 7:30 – 19:00 日 8:30 – 18:00
URLhttp://www.blacktruffledeli.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す