何も足さない何も引かない裸の味わい

0

Nude Espresso   ヌード・エスプレッソ

たくさんの本格コーヒー・ショップがしのぎを削るショーディッチ/スピタルフィールズ・エリアにあって、コーヒー好きたちの絶大な支持を得ている古参カフェがこちら。

コーヒー巡礼者はこの金赤を目指そう♪

コーヒー巡礼者はこの金赤を目指そう♪

ニュージーランド人オーナーのコーヒー愛はとどまるところを知らず、ブリック・レーンに自社ロースタリーまで作り、ますますコーヒー道に磨きをかけています。そんな当店のシグニチャーは「イースト・エスプレッソ」と名付けられたブレンド。香りを際立たせるためにローストしてから少なくとも7日間寝かせた3種類のコーヒー豆をブレンドしたもので、「クレマ」と呼ばれるエスプレッソ表面にできるきめ細かい泡が、スプーンでかき回しても長時間消えない理想的なコーヒーができあがります。

究極の一杯

究極の一杯

シックな黒いカップ&ソーサーに淹れられるコーヒーの固定ファンは多く、特にロンドン一との呼び声も高いフラット・ホワイトは試してみる価値あり。軽食にも力を入れていて、ホット・フードやユニークなサラダ、良質チーズやハムを挟んだフォカッチャ・サンドやキッシュ、セイボリー・スコーンなどなど、ランチにぴったりのオプションが日替わりで黒板にずらり。焼き菓子類はカウンターに並んでいるので目で確かめて好みのものをどうぞ☆

ここでの食事も愉しみのひとつ

ここでの食事も愉しみのひとつ

週末は行列覚悟の人気店ながら、混雑時をはずせばゆっくり座ってイースト・ロンドンらしいカフェ体験ができます。SOHOスクエアに支店あり。

26 Hanbury Street, London E1 6QR

店名Nude Espresso
最寄り駅Shoreditch High Street / Liverpool Street
住所26 Hanbury Street, London E1 6QR
電話番号07712 899 335
営業時間月~金 7:00 - 18:00 土・日 9:30 - 17:00
URLwww.nudeespresso.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す