アイリッシュな豆とオージー魂がロンドンで合体

2

th_BoroughBarista_banner

The Borough Barista, Marylebone バラ・バリスタ マリルボーン店

東ロンドンに比べてアルチザン・コーヒーハウスが格段に少ない西寄り中心部のポートマン・ヴィレッジの一角で美味しいコーヒーを提供している独立系カフェ。

1階はカウンターとコミューナル・テーブル、窓際席だけ。階下にあるテーブル席ではコンピュータを広げて仕事や勉強する人の塊!  外スペースはたっぷりある。

1階はカウンターとコミューナル・テーブル、窓際席だけ。階下にあるテーブル席では
コンピュータを広げて仕事や勉強する人の塊! 外スペースはたっぷりある。

共同オーナーの一人、オーストラリア人のティム・ブロックサムさんがスペイン出身のマスター・バリスタ、ジョーディー・メストレさんとタッグを組んで始めた当店は、2011年頃のオープン。世界中を旅してロンドンに落ち着いたというティムさんがカフェを始めるにあたって選んだコーヒー焙煎所は、アイルランドはダブリンにあるコーヒー&ティー・カンパニーBewley’sでした。

オーヒーは美味しかったですが、キャロット・ケーキは平均的なお味

コーヒーはさすがの美味しさですが、キャロット・ケーキは平均的なお味 ^^;

東インド会社の市場独占を許さじと果敢にも1835年から中国茶葉の輸入を始めたというアイリッシュ・スピリットあふれる老舗ブランド「ビューリーズ」は、文豪ジェームズ・ジョイスも通ったというランドマーク的カフェを構える有名店でもあります。ビューリーズでバラ・バリスタ専用にブレンド+ローストされた豆から煎れられるコーヒーは、なめらかで深みのあるテイスト、豊かな香りが特長です。

テイクアウェイする人が後を絶たない地域密着型ショップ

テイクアウェイする人が後を絶たない地域密着型ショップ

2013年に新規オープンしたセント・ジェームズ店では、ウェストミンスター・シティ・カウンシルを巻き込んで求職中の若者のスキルアップを目指したバリスタ養成アカデミーが併設されているそうです。もちろん美味しいコーヒーをロンドン中に広めることも目的の一つだそうですが♪

マーブル・アーチ駅の北側にもポツポツと独立系カフェができていますが、当店は特にコーヒーのクオリティに大きくこだわっている注目店。これから暖かくなったら、サンドイッチとコーヒーをテイクアウェイしてハイド・パークでのんびりランチもいいですね。

60 Seymour Street, London W1H 7JN

店名The Borough Barista, Marylebone
最寄り駅Marble Arch
住所60 Seymour Street, London W1H 7JN
電話番号020 7563 7222
営業時間月〜土 7:30 - 17:30 日 9:00 – 17:30
URLhttp://www.theboroughbarista.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

2件のコメント

  1. 江國 まゆ

    YUKAさん☆そうなんですね! 私も実はここ、全然知らなくて、お店の前を通って初めて知りました。しかもオープンしてもう3年以上経っているという(笑)。セント・ジェームズにもあるみたいなので、また行ってみようと思います。

  2. うちのお店(2号店)のすぐすぐ近くで嬉しい限りです!
    知らなかったです、、いいお店あるんですね。

コメントを残す