究極の有機アルチザン・ブレッドでコミュニティを活性化

0

th_e5_banner

E5 Bakehouse   イーファイブ・ベイクハウス

東ロンドンはロンドン・フィールズ駅のすぐそば、鉄道高架下のアーチ型スペースを利用したショップの中でも、当店ほど店の造りがその目的にしっくりきている場所はないかもしれません。

高架下ベーカリーの元祖

高架下ベーカリーの元祖

スタッフの気さくさや、リラックス度の高さがいい

スタッフの気さくさや、リラックス度の高さがいい

カウンター奥は日々パン作りに励む職人さんたちの工房。倉庫的な雰囲気がいい味を出しているワイルドな空間です☆

もうずぅっとそこにあるかのように思っていたら、2011年のオープンなのでまだ4年しか経っていないことに気づいて愕然とします。この4年の間に、「E5のパン」と言えば、風味豊かで美味しく、安心して食べられるオーガニック・アルチザン・ブレッドの代名詞となり、この工房を出てロンドン内のさまざまなレストランでも食べられるようになったからです。

奥のキッチンに案内してくれた知り合いのパン職人、ルーク君。いろんなパン種があるのだ!

奥のキッチンに案内してくれた知り合いのパン職人、ルーク君。いろんなパン種があるのだ!

オーナーでブレッド・マスターのベン・マッキノンさんが率いる職人チームは、早朝からパン種の仕込みを始め、ゆっくりとサワー種を使って発酵させ、全工程を毎日手作業で行い滋味あふれるパンを次々と焼き上げていきます。

材料はローカルで仕入れた上質オーガニック素材のみ。E5のパンをまだ試したことがない方は、ぜひ当店のシグニチャー、田舎風ブレッド「ハックニー・ワイルド」を。石引された全粒粉小麦の旨味をしっかりと感じることができます。そして真のパン好きならぜひ「Wholemeal Miche」と名付けられた100%全粒粉のサワー種パンを試してほしいところ。モチリとした歯ごたえとアーシーな味わいが自慢なのです ^^

狭いイータリー・スペースだけど、もうすぐ拡張されるかも!?

狭いイータリー・スペースだけど、もうすぐ拡張されるかも!?

そしてここのランチがご近所さんに大人気! 毎日、スープやシチューのようなパンに合うメニューが1種ずつ用意されるので、ランチタイムに訪れたならぜひ☆

ルーク君作のダールのシチュー。ハーブ使いの天才! パンとよく合う♪

元シェフのルーク君作、ダールのシチュー。ハーブ使いの天才! パンとよく合う♪

専属パティシエが作るケーキと一緒にコーヒーでゆったりと午後を過ごすのもいいもの。え? いつ行っても満席で座れないって? インサイダー情報ですが、どうやらお隣のスペースもつい最近購入したらしく、カフェ・スペースが近い将来広がる可能性あり。ますます人気が広がりそうです!

ブラウニーをお持ち帰りにしたけど、美味しかったです☆

ブラウニーをお持ち帰りにしたけど、美味しかったです☆

そしてE5がこれだけ人々に支持されているのは、プロダクトが優れているからだけではありません。奥のスペースを一般に開放し、毎週1回か2回のペースでパンやケーキの作り方を教える教室を開き、後進の育成にも力を入れていることも、人気の理由なのです。これもコミュニティに貢献し、コミュニティとともに育っていきたいというオーナーのベンさんの理念に根ざしたこと。食材もサステナブルなら、経営もサステナブル。21世紀型ケータリングの見本とも言えそうです。

Arch 395, Mentmore Terrace, E8 3PH

店名E5 Bakehouse
最寄り駅London Fields
住所Arch 395, Mentmore Terrace, E8 3PH
電話番号020 8525 2890
営業時間毎日 7:00 - 19:00(ランチは12:00 – 15:00)
URLhttp://e5bakehouse.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す