ボウ教会の鐘の音を聞きながら

0

th_CafeBelow_banner

Cafe Below   カフェ・ビロウ

イギリスが誇る偉大な建築家、クリストファー・レン卿の設計といえばセント・ポール大聖堂が有名ですが、シティのど真ん中に立つ小さなセント・メアリー・ル・ボウ教会も、レン卿による作品として忘れてはならない秀作です。そしてこのボウ教会、鐘付きのタワーでロンドナーたちに愛されています。「コックニー訛りを話す生粋のロンドンっ子」というのは「ボウの鐘が聞こえる範囲で生まれた者」という基準があるほど。ボウの鐘はイースト・ロンドンのボウにある教会の鐘ではなく、ここ、シティのど真中にある鐘のことだったのですね〜 ^^

教会の地下聖堂を利用したカフェは、ロンドン市内にはいっくつかありますが、ここはオリジナルのひとつ

教会の地下聖堂を利用したカフェは、ロンドン市内にはいっくつかありますが、ここはオリジナルのひとつ

この歴史ある教会で20年以上に渡ってシティ・ワーカーたちに親しまれているのが「カフェ・ビロウ」=地下聖堂カフェ。オーナーのビルさんは元々シティで経理の仕事をしていた方で、「シティには美味しいクイック・ランチを食べられる場所が必要」という信念を抱いてこの記念碑的な場所にカフェ・レストランをオープンしました。今でも家族経営でがんばっていらっしゃるみたいです。

シティ人の野菜不足解消に一役買う当店。でも肉や魚料理もあります☆

シティ人の野菜不足解消に一役買う当店。でも肉や魚料理もあります☆

2009年まではベジタリアン・カフェだったのですが、その後、野菜料理の充実度はそのままに、肉や魚料理もサーブするようになりました。毎日フレッシュな材料で作られる日替わりメニューの数々は、そういうわけで野菜たっぷり。10ポンド以下で味も栄養バランスもよい料理が食べられるとあって、長年に渡ってシティ・ナンバーワンの憩いのランチ・スポットとして愛されています。

雰囲気ある空間ですが、春夏は外の広場でも食べられます♪

雰囲気ある空間ですが、春夏は外の広場でも食べられます♪

カウンターで注文するセルフ・ケータリング形式なのも気安く利用できる理由。数年前からは水曜から金曜までディナータイムも営業開始し、ますます便利に! オーガニック・自然派ワインと一緒に素敵なランチ&ディナーを♪

St Mary-le-Bow Church, Cheapside, London EC2V 6AU

店名Cafe Below
最寄り駅Bank / St Paul's / Mansion House
住所St Mary-le-Bow Church, Cheapside, London EC2V 6AU
電話番号020 7329 0789
営業時間毎日 7:30 - 14:30
URLhttp://www.cafebelow.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す