ヴィクトリア時代の薬局がティールームに変身♪

0

th_Nightingale_banner

The Nightingale ナイチンゲール

これといった素敵カフェのないヴィクトリア駅周辺で、ひときわ目を引くのがこのナイチンゲール。1871年にできたヴィクトリア時代の薬局インテリアを活用した雰囲気抜群のティールームは、2012年末のオープンです。

ビクトリア駅すぐ近くにこんなお洒落ティールームが☆

ヴィクトリア駅すぐ近くにこんなお洒落ティールームが☆

この近くに1976年まであったナイチンゲールゆかりのグロヴナー病院の患者さんに薬を処方していた薬局であったのだとか。美しい薬棚がクラシカルな魅力を与えていて、なんとなくヴィクトリア時代のティールームに座っている気分に☆

ケーキ類はなかなかのお味。お茶にはポワラーヌのビスケット・スプーンが付いてくるかも ^^

ケーキ類はなかなかのお味。お茶にはポラワーヌのビスケット・スプーンが付いてくるかも ^^

軽食ならすぐ近くにあるフランス発のこだわりベーカリー、ポラワーヌのパンで作るタルティーヌのほか、10ポンド前後の古典的なサラダが人気。昼下がりは伝統の焼き菓子とお茶で優雅なティータイムをどうぞ♪

このブレッド&バター・プディングは名物らしいす。

このブレッド&バター・プディングは名物らしいす。

バナナ&ウォルナッツ・ケーキは甘さしっかりイギリス風

姿美しいバナナ&ウォルナッツ・ケーキは甘さしっかりイギリス風

ちなみにケーキは食べごたえがあり、かつ繊細で満足感のある仕上がりですが5.50ポンドとちょっとしたレストラン並み。コーヒーもティーも若干お高めですが、ベルグレイヴィア・マダムの御用達とあっては、クオリティに妥協はできないのでしょう ^^

薬の飾りシェルフがいい味だしてるインテリア☆

薬の飾りシェルフがいい味だしてるインテリア☆

ご近所さんだけでなく、ビジネスマンから旅行者までついつい惹き付けられてしまう美人ティールームです。

339 Grosvenor Gardens, London SW1W 0BP

店名The Nightingale
最寄り駅 Victoria
住所339 Grosvenor Gardens, London SW1W 0BP
電話番号020 7630 0157
営業時間月〜土 7:00 - 19:00
URL
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す