ロンドンうまいもの館

0

th_BensHouse_banner

Ben’s House  ベンズ・ハウス

ロンドン生まれの美味しいもの、楽しいもの、集まれっ! というわけで、長年ケータリング業界で経験を積んできたベン・リースクさんが、2014年末に「ロンドンうまいもの&クラフト館」とも言えるBen’s Houseをオープンしました。目利きベンさんがよりすぐった「MADE IN LONDON」なセセレクションをとくとご覧あれ。

フィッツロヴィアの静かな一角にある

フィッツロヴィアの静かな一角にある

考えてもみてください。文字通り世界中から優秀な人材が集まってくるロンドンでは、今では商品のレベルも相当なもの。ロンドン生まれの物産がハイクオリティでないはずありません ^^

中央にあるコミューナル・テーブルでコーヒー&ケーキや軽食はいかが?

中央にあるコミューナル・テーブルでコーヒー&ケーキや軽食はいかが?

カウンターの上で美味しそうな顔を見せているのは東ロンドン・ベースのGinger PigSticky Fingersから来たソーセージロールやキッシュ類、甘いもの好きには南ロンドン発CrosstownのドーナッツやSweet Tooth Factoryのケーキ類も見逃せません。ダルストン生まれのナチュラル・コーラやウォーサムストウのウォーム・ハイビスカスなどユニークな飲み物をお供に、 大きなコミューナル・テーブルでロンドナー気分のブレイク・タイムはいかが?

このセレクションは見事!

このセレクションは見事!

ありそうでなかったロンドン物産ショップ、これから重宝しそう☆

ありそうでなかったロンドン物産ショップ、これから重宝しそう☆

こうして店を見渡すと、ジャム類やソース類、アルコールやジュースなど、思いのほかたくさんのクオリティ・フードがロンドン市内で作られているのだと感心させられます。しかもセントラル・ロンドン外の各地で作られている商品が多いので、数々の名物が一堂に会するBen’s Houseは、本当にとても便利でロンドナーとしても嬉しい限りです☆

ロンドン生まれの商品たち、圧巻です

ロンドン生まれの商品たち、圧巻です。日本人女性が作っているというシード・ペーストを入手したのですが、
ものすごくナチュラルな味わいで美味しかった! ぜひベンさんに聞いてみてください♪

右上は、来店時にちょうど売り込みされていた商品。乳製品フリーのソフト・ドリンク、味見させてもらったけどかなり美味しかった ^^  そのうち陳列されているはず。

右上は、来店時にちょうど売り込みされていた商品、乳製品フリーのソフト・ドリンクです。
味見させてもらったけどかなり美味しかった ^^ そのうち陳列されているはず。

食べ物以外のグッズはまだ取扱いが少ないですが、これからどんどんロンドナー流のライフスタイルも提案されていくのでしょう。ちなみに雑誌類はロンドン外で作られているものもありますが、これはベンさんの趣味なのだとか ^^

これからもっとクラフト商品も増えていくはず。

これからもっとクラフト商品も増えていくはず。

イギリス旅行のお土産、一時帰国のお土産なら、喜ばれること間違いなしのBen’s Houseセレクションにおまかせ☆

右は店の奥にある静かな小部屋「The Snug」。1時間15ポンドで借りられる素敵なミーティング空間☆

右は店の奥にある静かな小部屋「The Snug」。1時間15ポンドで借りられる素敵なミーティング空間☆

64 Grafton Way, London W1T 5DP

店名Ben’s House
最寄り駅Warren Street / Goodge Street / Great Portland Street
住所64 Grafton Way, London W1T 5DP
電話番号020 7388 0850
営業時間月〜金 7:30 - 19:00 土 9:00 – 17:00
URLhttp://ben-leask.squarespace.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す