ファンキーなオージー・カフェがシティにやってきた

0

th_BeanyGreen_banner

Beany Green, Broadgate Circus ビーニー・グリーン(ブロードゲート・サーカス)

はっと気づくとサウス・バンクからユーストン、リトル・ベニスからバービカンまで広範囲に渡って小さなストールやカフェを展開していたBeany Green。ほんの2年間の出来事です。

どのショップもデコレーションのテーマはメルボルン風の南国ファンキー☆ ロンドンの空の下ではちょっぴり浮いている感も否めませんが ^^; 食べ応えのある日替わりヘルシー・サラダや惣菜などのオージー・スタイルは健康志向のロンドナーの心をぐっと掴んでしまったようです。

カラフルにまとめられた店内は小さなテーブル席とカウンター席のほかは、外にテーブルが

カラフルにまとめられた店内は数席のテーブル席とカウンター席のみ

今年4月にオープンした最新ロケーションは、再開発で大きく生まれ変わったリバプール・ストリート駅裏側のオフィス街、Broadgate Circus。Yauacha、Jose Pizarro、Botanistなど人気レストランやパブが初めての2号店を展開している場所であり、Franco Manca、Comptoir Libanais、Shoryuといったチェーン展開でブイブイ言わせている勢いのあるレストランが揃い踏みしているだけあり、ランチ時の競争は熾烈。この実力派イータリーの上質セレクション内にあって、ビーニー・グリーンはすでに行列のできる人気店として定着しています。

イートインだと告げるとお皿に盛りつけてくれるらしいのだが、知らずにずっとテイクアウェイ・ボックスで食べていた ^^;

イートインだと告げるとお皿に盛りつけてくれるらしいのだが、
知らずにずっとテイクアウェイ・ボックスで食べていた ^^;

ランチの定番は、サラダ3種盛り、もしくはサラダ3種に加えて、「ビーニー・パワー・ボール」と名付けられた各種プロテイン・ボールを加える「デトックス・ボックス」。パワー・ボールにはミート、チキン、フィッシュ、ヴィーガンがあり、かなーり食べ応えあって全部平らげるとお腹いっぱいになります。またヘルシーそうなラップサンドも多種類あるので、今度試してみます ^^

カウンターに並ぶサラダには定番あり。丸いのがパワー・ボール

カウンターに並ぶ美味しそうなサラダは定番メニューがローテーションしている感じ。
丸いのがパワー・ボールで、これはヒヨコ豆と野菜のヴィーガン・ボール

これはサラダ3種盛り合わせ。栄養満点で飽きないサラダたち☆

これはサラダ3種盛り合わせ。ニンジンのロースト、根菜スライスのシトラス・ドレッシング和え、
ヨーグルト・ドレッシングのコールスローなど栄養満点で飽きないサラダたち☆

オージー・カフェだけに、コーヒー豆もシドニー出身のオーナーがウィンチェスターにオープンした焙煎所「The Roasting Party」から取り寄せるこだわりよう。当店のオリジナル・ブレンドは甘味のあってフラット・ホワイトにちょうどよい塩梅なのです☆ 甘党には名物のバナナブレッドのほか、レミントン、ロッキー・ロード、アーモンド&アプリコット・ボールなどなど、オーストラリア名物がズラリ並んでいるので迷わずトライしてください。

外テーブルは大人気

外テーブルは大人気

ブロードゲート・サーカスの広場を見渡せる外席は、夏の間は争奪戦必至でしょう。手頃なお値段でオリジナリティあふれるサラダや惣菜を食べられる店が少ないシティにあって、重宝すること間違いなしのカラフル・カフェです♪  ちなみにマーブル・アーチにあるDaisy Greenも同系列。こちらのレビューはまた後日☆

Broadgate Circus, London EC2M 2QS

店名Beany Green, Broadgate Circus
最寄り駅Liverpool Street / Moorgate
住所Broadgate Circus, London EC2M 2QS
電話番号020 7628 5888
営業時間月〜金 6:00 - 17:30
URLhttp://daisygreenfood.com/beany-green/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す